。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


恋する乙女のようにお山を歩きたい。でも最近はお山から遠ざかっています。そんな私の備忘録です。
by akagera_hitomi
以前の記事
カテゴリ
タグ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:台高( 14 )


西大台利用調整区域

6月上旬
大台ケ原二日目です。
夜明け前に起きるつもりが、いい時間までぐっすりと寝てしまい、
外は、けっこう明るくなっていました。
顔も洗わず、外へ飛び出して、
朝ごはんまでの時間、苔探勝路を散歩しました。

b0039898_9261199.jpg


今日は西大台を歩きます。

西大台地区は、自然環境を守り、これからも豊かな自然を楽しめるようにと、日本で最初の「利用調整地区」に指定されました。
(平成19年9月より運用)
利用調整地区とは、立ち入り人数などを調整する区域のことです。

http://kinki.env.go.jp/nature/odaigahara/west_odai/west_odai_index.html

b0039898_9302244.jpg

初めてこの森に入ります。
この標識から、半時計まわりで周回します。

b0039898_9265329.jpg

渡渉するところが、何ヶ所かありました。
沢沿いにはバイケイソウが群生していました。

b0039898_926451.jpg

よーく見ると、幹にはエゾハルゼミの抜け殻がくっついていました。

b0039898_9271642.jpg

ツリバナ

b0039898_927913.jpg
b0039898_927464.jpg

ウラジロモミ、ブナの森。
原生的な雰囲気を感じることができる森といわれています。
本州で最も雨の多い地区である大台ケ原は、最近は雨量が少ないそうです。
苔がちょっと乾燥気味でしょうか。

b0039898_9275475.jpg


b0039898_1782186.jpg

開拓跡の分岐付近

b0039898_931545.jpg

面白い形のミズナラ。
比べるものがないので、大きさが分からないと思いますが、これは巨木です。

b0039898_9314818.jpg


展望台
今日一番展望のいいところは、ここです。
昨日行った大蛇ぐらが見えています。

景色を見ていたら、視界に大きな猛禽類が二羽あらわれました。
トビか?もしかして、イヌワシ?
トビみたいに見えるけど、イヌワシだったら、ワタシ的には初見となります。
視力がよくないものですから、特徴はつかめませんでした。


b0039898_9323388.jpg

ツクバネウツギ

b0039898_9322683.jpg

ガレ場の急坂をしばらく登りました。
西大台は、谷へ下って、また登り返すというコースです。

b0039898_1824297.jpg

ヤマツツジ満開

b0039898_9331039.jpg

オオセンチコガネ

b0039898_933145.jpg

元の標識のところに戻ってきました。
森のなかですれ違ったグループは二組。
昨日の東大台とは違って、静かな森の中でした。

b0039898_9334149.jpg

名残りの一枚。

大台教会の境内のオダマキ。
b0039898_9333084.jpg



今回の東大台、そして念願の西大台を周回できましたのは、お山の友人ご夫妻のおかげです。
私独りでは、とうてい歩くことができませんでした。
Jパパさん、Jママさん、ご一緒させていただいて、有難うございました。
二日間、とっても楽しかったです。
お世話になりました。

by akagera_hitomi | 2013-06-09 23:23 | 台高

東大台ヶ原

6月上旬
大台ケ原を一泊二日の日程で歩いてきました。
お天気にも恵まれました。

駐車場~日出ヶ岳(一等三角点1695m)~正木ヶ原~牛ヶ原~大蛇ぐら~シオカラ谷吊り橋~駐車場

b0039898_104552.jpg

東大台は、ミヤコザサが繁茂し、トウヒの立ち枯れが目立ち、
森林植生の衰退が進んでいるといわれています。

b0039898_189393.jpg

日出ヶ岳の山頂。
ここからの眺望は素晴らしいです。



b0039898_1043048.jpg

木道から、日出ヶ岳ピークを振り返ってパチリ。

b0039898_1072023.jpg

シロヤシオ咲いていました。

b0039898_1051268.jpg

アケボノツツジも、わずかに咲き残ってくれていました。

b0039898_1052776.jpg

大蛇ぐら。
ハイカーが多くて、場所をすぐゆずらないといけません。
ゆっくりと眺望を楽しむことができませんでした。

b0039898_109395.jpg

シャクナゲが一厘、咲き残っていました。

東大台を一周して、駐車場に戻ってきました。
明日の西大台に立ち入るために、大台ヶ原ビジターセンターで16:00から始まる事前レクチャーを
受けました。
そのレクチャーを受ける前に、あらかじめ、上北山村商工会へ立ち入り申請をして、許可証を
もらっておかないといけません。

レクチャーの最中に、マナーモードにしていたスマホのぶるぶる。
終わったあと見ると、「和歌山北部で震度4」という災害の知らせが入っていました。
近頃、和歌山でも地震が多くて、不安になります。

今夜の宿泊場所は、「心・湯治館」です。
お風呂にも入れて、ご飯も美味しくて、お布団も気持ちよくて、良かったです。

星を見るのも楽しみにしていたのですが、この夜は雲があって、星はあまり見えませんでした。

by akagera_hitomi | 2013-06-08 23:23 | 台高

高見山

11月下旬
編集中
b0039898_18594075.jpg
b0039898_18595993.jpg
b0039898_1901199.jpg
b0039898_190245.jpg
b0039898_1904296.jpg


by akagera_hitomi | 2012-11-24 20:57 | 台高

大台ケ原 大杉谷

11月上旬

七ツ釜滝
b0039898_1331593.jpg


今日は大杉谷を歩いてきました。

このコースは8年前に崩壊して、通行不可になっていましたが、
今は七ツ釜滝までの道が復旧したとのことで、
いつか歩いてみたかったこの渓谷を歩くことが叶いました。


第三発電所~京良(キヨラ)谷出合~千尋滝前休憩所~猪が淵~桃の木山の家~七ツ釜滝~ここから往路を引き返す
b0039898_18591820.jpg

6時10分頃、宮川第三発電所の横をとおって、出発です。

b0039898_18593390.jpg

ほどなく、目が覚めるような道があらわれます。
動揺してか、写真がブレています。
つまづいて転んで、深い谷へ落ちないように、気をつけて歩きました。

b0039898_18594518.jpg
b0039898_190260.jpg

今日のコースは吊り橋をいくつも渡ります。

b0039898_1903713.jpg

ここは渓谷沿いに、大きな岩がいっぱいあって、そして水の色が綺麗で感動します。
神秘的な気がしました。

b0039898_1904720.jpg
b0039898_191157.jpg


b0039898_1912838.jpg


猪ガ淵でハイカーに会いました。
私たちも河原におりて、休憩です。
b0039898_1914556.jpg


b0039898_1915944.jpg
b0039898_1921889.jpg
b0039898_1924265.jpg
b0039898_1932197.jpg

七ツ釜滝。観ることができて嬉しかったです。
今日はここまで。
ここから、来た道を引き返します。

b0039898_1944956.jpg


b0039898_1933572.jpg


今日も無事に歩き終えました。
リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2012-11-04 21:00 | 台高

東大台ケ原

6月下旬
b0039898_922794.jpg
b0039898_923768.jpg
b0039898_93385.jpg
b0039898_931774.jpg
b0039898_933668.jpg
b0039898_935934.jpg
b0039898_941538.jpg
b0039898_942476.jpg
b0039898_95652.jpg
b0039898_951846.jpg

リーダーさん、ご一緒してくださったHちゃん、楽しい一日を有難うございました。
長距離の運転も、有難うございました。

また3人で、関西のお山に行きたいです。

by akagera_hitomi | 2012-06-24 22:00 | 台高

三峰山~平倉峰

2月下旬
高見山地に位置する三峰山へ行ってきました。
歩き始めの登山道には積雪がありませんでしたが、登るにつれて白くなっていきます。
途中から樹氷も観ることができました。
足元は、アイゼンです。
今日の天気は曇天、時々小雪が舞います。

登山口~登り尾コース~八丁平~三峰山頂(1235.4m)~平倉峰(1222m)~三峰山頂~北尾根コース~P959~P847~林道~登山口

b0039898_17564539.jpg

八丁平

b0039898_17571758.jpg

晴れていたら、山頂からの景色は素晴らしいことでしょうが、今日は真っ白です。
b0039898_17575022.jpg


ここから、方角を確かめて、平倉峰ピークに向かいました。
ふみ跡はうすく、時々雪を踏み抜いたりするので、アイゼンからスノーシューに変えました。

b0039898_17581356.jpg
b0039898_1758378.jpg
b0039898_17585517.jpg

スノーシューを外し、お昼休憩。ちょっと寒かった。
b0039898_1759731.jpg

来た道を三峰山頂まで戻り、
下山は北尾根を下ります。
方角を確かめ、急な斜面を下りていきます。

b0039898_1759348.jpg
b0039898_1759474.jpg
b0039898_18035.jpg


リーダーさんとメンバーさんの、確かな読図のおかげで、
今日も無事に下山することができました。
リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2012-02-26 20:35 | 台高

林道 麦谷線

2月中旬
b0039898_10161647.jpg

当初の計画では、行き先は薊岳 ( 二階岳登山口~木ノ実矢塚~薊岳 をピストン )でしたが、
登山道に通じている林道は積雪のために、車の通行が出来ずに、
登山口よりずうーっと手前の、林道からスノーシューをつけて歩くことになって、
二階岳の登山口に着いたのが、もうお昼前、
到底、頂上にはたどり着けませんでした。
時間の許すところまで登って、途中から引き返しました。

今日は、ピークには到達できなかったものの、スノーシューを満喫できて、
とっても楽しかったです。
リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。

b0039898_10213780.jpg
b0039898_10215444.jpg

二階岳から薊岳へ縦走するコースの登山口


b0039898_1022936.jpg

今日の1番高いところからの景色。霧氷が美しかったです。


b0039898_10222745.jpg
b0039898_10224699.jpg

林道を戻りながら、薊岳の稜線を見る





by akagera_hitomi | 2011-02-13 21:30 | 台高

三峰山 (みうねやま)

1月下旬
台高山地 三峰山へ行ってきました。

登山口~不動滝~避難小屋~三峰山(1235m)~八丁平~新道コース~みつえ青少年旅行村


b0039898_16242170.jpg

真っ白な森に感動しました。
b0039898_19165455.jpg
b0039898_19171461.jpg

b0039898_936715.jpg


b0039898_19221671.jpg

お昼休憩したところ、八丁平。

b0039898_1918956.jpg

リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、いつも有難うございます。




by akagera_hitomi | 2011-01-23 20:30 | 台高

台高 池木屋山

10月下旬
編集中
台高山脈の最深部、池木屋山へ行って来ました。
ガイドブックによると、宮川、櫛田川、吉野川と3つの川の源頭をなしているそうで、山麓からその姿を眺めることができないほど、懐の深いお山です。

確かに池木屋山、お山の二つ分くらい登った気がするお山でした。達成感もひとしおでした。

「犬飛び岩」「鷲岩」「高滝」「猫滝」「ドッサリ滝」と見所が多いです。

b0039898_1558421.jpg

b0039898_15545760.jpg
b0039898_15551259.jpg
b0039898_15552517.jpg


by akagera_hitomi | 2009-10-25 20:30 | 台高

台高 迷岳

10月下旬
編集中

迷岳を歩いて来ました。
b0039898_15463518.jpg
b0039898_1552824.jpg


by akagera_hitomi | 2009-10-24 20:30 | 台高