。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


恋する乙女のようにお山を歩きたい。でも最近はお山から遠ざかっています。そんな私の備忘録です。
by akagera_hitomi

カテゴリ:北陸の山( 17 )


赤兎山

2016年6月19日

前夜発で、福井の赤兎山へ行って来ました。

立ち寄った道の駅。
温泉もあるようです。
b0039898_11273756.jpg
b0039898_11275092.jpg



b0039898_1128786.jpg

林道終点の登山口。大阪からはホントに遠いです。
ここまでの来るのには、車でないと来れません。
車に乗せてくれて、有難うございます。

さぁ~出発です。何年ぶりかな、北陸のお山は。また訪れることができて嬉しい。

b0039898_11281855.jpg

モリアオガエルの卵塊

b0039898_11283542.jpg


山頂です。登山道は結構な急坂でした。
ここから見る白山。
お天気は下り坂で、すっきりとは見えません。

b0039898_11284853.jpg

山頂から少し足を延ばして、避難小屋、赤池に向かいました。

b0039898_1129997.jpg

あの山は荒島岳かしら?


b0039898_11292610.jpg


避難小屋が見えてきました。稜線は風が強いです。
黄色いのが見えない…。ニッコウキスゲの開花にはまだ早かったのかな?

アカモノ、ゴゼンタチバナ咲いていました。
ナナカマドの花も咲いていました。

b0039898_1129391.jpg

ウラジロヨウラクという花だと教えてもらいました。

b0039898_1130517.jpg

ニッコウキスゲが、わずかに咲き始めてました。

b0039898_11302038.jpg

赤池

b0039898_11304132.jpg

ここらへんで、来た道を引き返しました。


b0039898_1131557.jpg


登りは歩くのに専念していて、ブナの森の写真を撮らなかったけど。
下りはちょっと余裕。小雨も降りだしてきましたが、もうじき登山口に着きます。
ブナの森から立ち去りがたく、名残惜しくて、振り返ってパチリ。

今度はいつ、こんなに豊かなブナの森に来れるだろうか。


b0039898_11312133.jpg


ご一緒してくれた皆さん、お世話になり有難うございました。
長時間の車の運転をしてくださった方々、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2016-06-19 22:22 | 北陸の山

三方崩山 途中まで

9月下旬

白山に登った翌日の、帰路につく前の短い時間に、三方崩山をちょっとだけ登ることになりました。

b0039898_15534087.jpg




b0039898_15535799.jpg


ブナの実がいっぱい落ちていました。

コースの先の方は、山肌が崩れていて、危険個所を通過しなければ、山頂には立てないそうです。

今日は時間がないので、そこまでは行けずに、森のなかで引き返しました。

b0039898_155498.jpg
b0039898_15543052.jpg

スカートはいているキノコ…
それをツバというのかな。

b0039898_15544110.jpg


b0039898_15545529.jpg

キノコの根元のところをツボっていうのかな。

いろんなキノコを、見てみたいな。

by akagera_hitomi | 2013-09-23 22:23 | 北陸の山

石徹白から白山へ

9月下旬

b0039898_18172117.jpg

                             別山から眺める白山 室堂が見えていました。


以前から歩いてみたかったこのコース、歩く機会に恵まれました。
リーダーさん、サブリーダーさん、先頭で皆をリードしてくださった方、
ご一緒してくださった皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
皆さんののお蔭で、楽しい山行でした。

一日目 石徹白(いとしろ)~銚子ヶ峰~一の峰~二の峰~三の峰避難小屋で泊まる
二日目 避難小屋~三の峰~別山~南竜山荘~エコーライン~御前峰~大倉尾根~平瀬(民宿に泊まる)




1日目

b0039898_21522842.jpg
b0039898_21524754.jpg

しばらくはこんな感じの森の中を登りました。


b0039898_21531216.jpg

銚子ヶ峰のピークから眺める、一の峰、二の峰、三の峰、別山です。

9月の下旬だというのに、なんだか夏のように暑いです。


b0039898_2154812.jpg

自分たちが歩いて来た道を、時々、振り返って見たりします。
足元にはリンドウが咲いていました。


b0039898_2291678.jpg


もうじき、着きそうです。

b0039898_22441842.jpg



b0039898_22443811.jpg

今日のゴール、避難小屋に着きました。


b0039898_21551080.jpg

避難小屋の前から、お日様が沈むのを眺めてから、夕食です。
私の晩御飯は、アルファ米のわかめご飯と、イワシの味噌煮です。

このコース、途中に水場はありませんので、登山口から水を持ってあがりました。
共同の水として1リットル。
自分の行動水として、3.5リットル。
明日、南竜の手前の赤谷の沢の水を汲むまで、水は絶対に足りるようにしなければいけません。
これだけあれば、足りるはずだなんだけど、いつも大汗かいて登る私はちょっと心配です。


2日目
b0039898_21594990.jpg

まだ暗いなか、ヘッドランプをつけて、三の峰避難小屋を出発しました。
三の峰のピークに着いた頃には、空は明るくなり、星たちとお別れです。

b0039898_23153363.jpg

御嶽山、乗鞍岳が見えています。

b0039898_2316271.jpg

三の峰から別山への縦走路は、眺望が素晴らしくて、遠くに北アルプスが見えていました。


b0039898_23164269.jpg

別山
記念写真を撮って、先に進みます。

  別山を振り返って
      ↓
b0039898_19104253.jpg



b0039898_1911644.jpg


b0039898_1926597.jpg

赤谷に着きました。
お水が足りて良かった。
冷たい赤谷の沢の水を汲みました。

b0039898_1914417.jpg

エコーラインの途中から見る南竜山荘、テン場。

b0039898_23221365.jpg

室堂にザックをデポし、御前峰に上がりました。


b0039898_23252649.jpg

山の上に点在する池は、今日は眺めるだけです。

b0039898_23262271.jpg

三方崩山が、近くに見えています。
明日、時間の許す限り、三方崩山を歩きます。


b0039898_23265138.jpg
b0039898_23272871.jpg

平瀬に無事に到着です。
タクシーが待っていてくれて、そこから、今夜のお宿まで移動しました。

by akagera_hitomi | 2013-09-23 22:22 | 北陸の山

荒島岳

6月上旬
福井県大野市の荒島岳へ行って来ました。
遠方の山なので、前日より大阪を出発し、カドハラスキー場跡で仮眠して、登山にそなえました。
翌早朝、支度をしている時に小雨が降っていましたが、
天気がよくなることを期待して、登山スタートです。

カドハラスキー場跡P~しゃくなげ平~荒島岳山頂(一等三角点1523.5m)~しゃくなげ平~
小荒島岳(1186m)~みずごう登山口~下唯野駅(JR越美北線)~勝原駅~カドハラスキー場跡P

b0039898_9184613.jpg

小雨が降ったりやんだりしてました。
森の中は、枝葉が屋根となり、身体はあまり濡れません。
やさしい雨が葉っぱに落ちる音が聞こえている程度です。
b0039898_9271963.jpg

雨を含んでしっとりとした登山道を登っていきます。
静かな森のなか、鳥さんの声がよく聞こえてます。

b0039898_9204837.jpg

b0039898_9232060.jpg

森を抜け、主稜線から景色を見ると、雲海でした。
白山も見えていました。
雲海の雲が上がってきていて、山頂にかかりそうです。
雲に覆われないうちに、山頂へ着きたい。

b0039898_10492859.jpg

間に合いました。
すっきりとはいきませんが、山頂からは360度の眺めです。

休憩したのち、下山にかかります。
もちがかべという急なこところは、滑って転んだりしないように丁寧に下ります。

b0039898_10571653.jpg

この木の花は?
b0039898_10565040.jpg

小荒島岳のピークからの眺めです。
惜しい。さっきまで立っていた荒島岳の山頂が雲にかくれています。見たかった。

下りのコースも、登りにつかったコースと同じようにブナの木が多いです。
緑の濃くなった豊かな森の中を下りていきます。

b0039898_10574762.jpg


写真は失敗してしまってありませんが、
ピンクのタニウツギが登山道脇にいっぱい咲いていました。

b0039898_10572675.jpg

中出登山口の近くに、立派な駐車所がありました。トイレも綺麗。

b0039898_14144861.jpg

  ↑
リーダーさんが、私の後ろ姿を撮ってくださっていました。有難うございます。

まずはトイレ、下山したら、まずはトイレ。トイレがあるのは有難いことです。


b0039898_10582463.jpg

あっ、ササユリ。
もうササユリの開花の頃なのね。
b0039898_105894.jpg

山から下りると、田園風景が広がります。
収穫前の大麦の畑。

b0039898_1059127.jpg

大野富士といわれる荒島岳の山容です。

b0039898_10584019.jpg

下唯野駅に計画通りに着きました。
13:55発の電車に間に合わなければ、
4キロちかく道路を歩かないといけないことになりますので。
リーダーさんの時間配分に感心します。

スパッツ外したり、ストック片付けたり、一息ついていると、
一両編成のかわいい電車がやってきました。
電車に乗り、二つ先の駅、勝原駅で下車。
そこから歩いてカドハラスキー場跡の駐車場に戻りました。14:30頃でした。

荒島岳良かったです。
百名山にふさわしいお山だと思いました。

リーダーさん、ご一緒した皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
おかげさまで、とっても楽しかったです。

b0039898_14181435.jpg

今日はGPSの軌跡をいただきました。有難うございます。


b0039898_11552325.jpg

夫の隆ちゃんへのおみやげです。

b0039898_1155142.jpg

今日の天気図。
午前中は小雨が降ったり止んだり。午後からはくもり。
時々、陽も射しました。

by akagera_hitomi | 2013-06-02 21:21 | 北陸の山

加賀大日山と東尋坊

11月中旬

加賀大日山へ行ってきました。
b0039898_21563384.jpg

b0039898_21565091.jpg

b0039898_2204332.jpg

b0039898_215769.jpg

b0039898_21572225.jpg
b0039898_21573533.jpg
b0039898_21574966.jpg
b0039898_2158145.jpg


リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2011-11-13 21:30 | 北陸の山

再び赤兎山へ

b0039898_11343411.jpg

7月中旬
ニッコウキスゲを観に、再び赤兎山へ行きました。
b0039898_16472331.jpg
登山口近くの水場です。
b0039898_16532493.jpg


b0039898_1654959.jpg

b0039898_1647517.jpg


b0039898_1654319.jpg
b0039898_16544499.jpg


b0039898_16554193.jpg
b0039898_16555477.jpg
b0039898_16561615.jpg
b0039898_16563562.jpg
b0039898_1657624.jpg
b0039898_16572641.jpg


b0039898_16583299.jpg
アカミノイヌツゲ


リーダーさん、皆さん、いつも有難うございます。
こんなに遠くのお山に連れてってくれて、案内してくれて。
たくさんのお花と、雄大な景色を見せてくれて、有難うございます。

私しあわせだなぁ~。

by akagera_hitomi | 2011-07-10 20:45 | 北陸の山

赤兎山

6月上旬

赤兎山へ行って来ました。
かわいい山名…なぜ赤い?
植生が豊かなお山と聞きます。いつか行ってみたいと願っていました。
噂に違わず、次から次へとお花が現れました。
春のお花もまだ咲いていました。


林道終点~小原峠~赤兎山頂(1629m)~赤池~赤兎非難小屋~行けるところまで
~そこから往路を引き返す


b0039898_17385128.jpg


b0039898_17392922.jpg

ツバメオモト

b0039898_17395970.jpg

サンカヨウ

b0039898_1740345.jpg


b0039898_17404966.jpg

リュウキンカ

b0039898_17414177.jpg

これはタムシバ?
花の下に葉っぱ一枚つくのがコブシだっけ?タムシバだっけ?
いつも、どっちがどっちなのか、思い出せなくて。
木の高いところで咲いているこのお花を、今日は近くで見れました。中はこんななんだ~。

b0039898_1742282.jpg

イワナシ

b0039898_1742476.jpg


b0039898_1743963.jpg

ツクバネソウ

b0039898_17432734.jpg




b0039898_1744092.jpg


b0039898_1744214.jpg


b0039898_17444891.jpg


b0039898_17451131.jpg


b0039898_17452978.jpg


b0039898_17454672.jpg

非難小屋からちょっと先に歩いたところからの、白山連山の眺め。
目の前にバーンと、近くに見えていました。

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
赤兎山は、大阪からかなりの距離です。往復600キロもあるそうです。
長時間の運転、きつかろう~に。
いつも安全運転をしてくださるリーダーさん、運転も有難うございました。

by akagera_hitomi | 2011-06-12 20:35 | 北陸の山

1日目 白山

7月下旬
石川県の白山・別山を歩いて来ました。

1日目  別当出合~砂防新道~南竜テント場~展望コース~室堂~御前峰~お池めぐり~室堂
      ~トンビ岩コース~南竜テント泊

b0039898_1625086.jpg
b0039898_163523.jpg
緑陰の白い花にときめきます。センジュガンピ
b0039898_1632533.jpg
b0039898_1634020.jpg
じんの介避難小屋付近から。別山が見えています。

b0039898_1635790.jpg
南竜山荘、テント場が見えてきました。
テントを張って、ザックを軽くして室堂に上がります。
展望コースを上がりましたが、遠くはかすんでよく見えませんでした。

b0039898_164757.jpg

b0039898_164253.jpg
室堂平

b0039898_1643697.jpg
御前峰を目指します。

b0039898_1645271.jpg
室堂センターを上から見ます。
b0039898_165599.jpg


b0039898_1652199.jpg
お池を回ります。

b0039898_1654988.jpg
b0039898_166456.jpg
b0039898_1661841.jpg


b0039898_859422.jpg

b0039898_167634.jpg

b0039898_1692046.jpg
b0039898_91736.jpg



 ↓ Hさん撮影のホシガラスの写真を載せさせてもらいました。有難う。
b0039898_1694165.jpg


by akagera_hitomi | 2010-07-22 22:30 | 北陸の山

2日目 別山

2日目は別山へ向かいました。

南竜テント場~別山~チブリ尾根~避難小屋~市ノ瀬 テント泊

b0039898_17595176.jpg
今日の行程はこの道標から始まりました。

b0039898_180416.jpg
急斜面を上がって振り返りました。
白山、何竜山荘も見えています。昨日歩いたコースを目で辿ります。
b0039898_1803249.jpg
稜線に上がりました。
快晴ですが、ガスが次から次へと湧いてきて、これから歩く稜線を隠してます。
b0039898_1805798.jpg
b0039898_1812676.jpg
b0039898_1815268.jpg
b0039898_182101.jpg
b0039898_1825960.jpg
b0039898_1831913.jpg

b0039898_18161651.jpg

b0039898_1825559.jpg

b0039898_1854316.jpg
b0039898_1861914.jpg
b0039898_1863925.jpg
b0039898_1871334.jpg

↑ 別山から、三の峰方面の稜線を眺めます。
三の峰は何年か前に歩いたことがありますが、やはり暑くてしんどかったなぁ。

b0039898_1875468.jpg
御舎利山のてっぺんがチブリ尾根への分岐。ここから下りていく尾根です。

b0039898_1883642.jpg
チブリ尾根避難小屋まで下りて来ました。
途中で、顔を何ヶ所も虫に刺されました。
b0039898_1822586.jpg

下りて来た尾根を振り返ります。

b0039898_189146.jpg
ダケカンバとブナの原生林の下を歩きます。
b0039898_18113479.jpg

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2010-07-22 22:25 | 北陸の山

敦賀 岩籠(いわごもり)山

6月下旬
岩籠山(765m)へ行って来ました。登山口からのピストンです。
渓流沿いのコースを、渡渉を何度か繰り返し、気持ちよく登っていきます。
b0039898_8511494.jpg
b0039898_851336.jpg
b0039898_852569.jpg

インディアン平原と呼ばれるところ。
花崗岩の大きな岩がポツリポツリとあります。
若狭湾が見えるところなのですが、今日は見えません。

b0039898_8522171.jpg
b0039898_8523731.jpg


リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2010-06-20 20:30 | 北陸の山