。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


恋する乙女のようにお山を歩きたい。でも最近はお山から遠ざかっている私の備忘録です。
by akagera_hitomi
以前の記事
カテゴリ
タグ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:テント泊 ( 23 ) タグの人気記事


比良テント泊縦走

11月上旬
比良へテント泊して来ました。
全山縦走の計画でしたが、二日目は天気が崩れたので、先に進まずに八雲が原から下山しました。


一日目 和邇駅からタクシーで霊仙山の登山口~霊仙山~権現山~蓬莱山~打見山~
      比良岳~烏谷山~金糞峠~八雲ヶ原テント泊
二日目 八雲ヶ原~北比良峠~ダケ道~イン谷口~比良とぴあ


1日目

b0039898_170177.jpg
b0039898_1703164.jpg
b0039898_1704412.jpg

b0039898_1705589.jpg

打見山のびわこバレイスキー場が見えてます。

b0039898_1711213.jpg
b0039898_1712753.jpg

晩ご飯に使うお水は、金糞峠から谷へ下りていったところの、沢の水をくみました。

暗くなる前に八雲ヶ原に到着。

晩ご飯は、リーダーさんがトン汁を準備をしてきてくださったので、
それにSさんが、お味噌を加えて温めて、作ってくれました。
温まって、美味しかったです。
ご馳走さまでした。

2日目

寝る前には、お月さまが出ていたものの、夜半にテントを揺らす風が吹き始めました。
明け方には弱い雨も加わって、
八雲ヶ原から下りることにしました。

b0039898_1743525.jpg
b0039898_1744549.jpg

北比良峠からコヤマノ岳を振り返って。

リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、お世話になりまして、
有難うございました。

2日目の行程は下りるだけとなり、全山縦走は出来ませんでしたが、
とっても楽しかったです。

次回、天気のよい時に、どうぞ宜しくお願いします。

by akagera_hitomi | 2013-11-10 16:07 | 滋賀県の山

光岳~聖岳

8月中旬

b0039898_10204197.jpg

おかげさまで、今夏も高いお山に登ることができました。
お天気にも恵まれて、至福の山旅ができました。

いつも気持ちよく私を送り出してくれる夫の隆ちゃん、
いつも有難うございます。

一日目 易老渡~面平~易老岳~光岳~光小屋テント場
二日目 光岳テント場~易老岳~希望峰~茶臼岳~上河内岳~聖平小屋テント場
三日目 聖平小屋~薊畑~聖岳(3013m)~薊畑~苔平~西沢渡~便ヶ島広場




1日目
この登山口からスタートです。標高は880mとある。

今日の予定は光岳まで。光岳の標高は2591m。標高差はおよそ1700mほど。
頑張りま~す。

b0039898_22164272.jpg


b0039898_22165823.jpg


b0039898_22183166.jpg

こんな感じの森の中を、登っていきます。何時間も。
展望ありません。
展望なくても、いいのです。
木漏れ日が素敵です。

b0039898_22184550.jpg

コースの途中の三角点 (2254.1m)

b0039898_2219531.jpg

もうじき主稜線に出れそうです。

b0039898_22192016.jpg

易老岳の山頂です。
ここも、木立に囲まれて展望がよくない。

b0039898_22194220.jpg

易老岳から光岳へ向かっていると、展望がよくなりました。

b0039898_2220349.jpg

ピッチのあがらないワタシを心配して、振り返るリーダーさん。

私よりもかなり重たいザックを担いでいるのに、ペースをくずすことなく坦々と登っていくリーダーさんは、すごいなぁと尊敬します。

b0039898_8501786.jpg

リーダーさん撮影のワタシ。

暑いです。山の上でも暑いです。

b0039898_22202814.jpg

リーダーさん撮影 ゴーロの谷筋を登っているワタシ。

b0039898_22205355.jpg

あーっ、光小屋の屋根が見えた~。もう少しで着きます。

テン場について、ザックをおろして、ほっとしました。

b0039898_22214274.jpg

光小屋  リーダーさん撮影

ひといきついて、ピークへ行きます。

b0039898_22303753.jpg


b0039898_2233022.jpg


b0039898_2224568.jpg

光岳の由来となった光石には、行きませんでした。
ここから見ただけ。

光岳と書いて、てかりだけと読むんですが。読み方、面白いね。

b0039898_22251266.jpg
b0039898_22252515.jpg


光小屋の向こうに見えているのは、イザルヶ岳。




2日目

今日は易老岳までは来た道を戻り、稜線を歩きます。

朝方は霧が出ていましたが、だんだんと天気がよくなり、青空となりました。

b0039898_0295348.jpg

光岳があんなに遠くなっている。
有難う、光岳。登れて嬉しかったよん。

b0039898_0301650.jpg
b0039898_0303970.jpg

b0039898_031431.jpg
b0039898_0312348.jpg

茶臼岳の手前の木道
b0039898_0315779.jpg


b0039898_8414571.jpg

リーダーさん撮影のワタシ。

b0039898_0321884.jpg
b0039898_0323649.jpg

ライチョウさんに遇えました。

b0039898_0325457.jpg
b0039898_0332179.jpg
b0039898_033444.jpg

上河内岳の肩付近から。
歩いてきた道を振り返ってみたりします。
b0039898_0344278.jpg
b0039898_035136.jpg
b0039898_0352644.jpg
b0039898_0354998.jpg
b0039898_0361376.jpg
b0039898_0363970.jpg
b0039898_0365445.jpg

聖平小屋
いいところです。
お客さんに、テント泊の人たちにも、果物のいっぱい入ったフルーツポンチをサービスしてくれました。
お水も豊富で、自由に使わせてもらえて、有難いことです。

この晩、満天の星。
流れ星をひとつ見ました。
この時期はペルセウス流星群の頃です。
高山でテント泊して、そこで流れ星をみたいと願っていましたので、それが叶いました。


3日目

今日は、薊畑にザックをデポして、山頂を目指します。

b0039898_13720.jpg
b0039898_132329.jpg
b0039898_133945.jpg

b0039898_14087.jpg
b0039898_141555.jpg

山頂標識が見えてきました。山頂広い。
b0039898_143257.jpg

到着。
有難う、聖岳。
b0039898_1021426.jpg

b0039898_17523.jpg
b0039898_181032.jpg
b0039898_185586.jpg
b0039898_191569.jpg

名残りを惜しんで、山頂をあとにします。
ここ、滑りやすいです。

b0039898_194035.jpg
b0039898_195655.jpg

薊畑に戻って休憩して、再びザックを背負い、下りていきます。

b0039898_1101945.jpg

苔むした深い森。大木も倒木もあります。

b0039898_1103964.jpg

山頂が3013m。便ヶ島の標高が920m。
標高差2093m。
長い!それも急勾配です。

b0039898_1105517.jpg

渡渉地点まで来ました。
あと、40分ぐらい。

b0039898_1111278.jpg


無事に下山できました。
リーダーさんは、私が便ヶ島広場で休憩している間に、ひとりで易老渡に停めている車を
取りに行ってくれました。


リーダーさん、大変お世話になりまして、有難うございました。
おかげさまで、心ゆくまで楽しみました。
とってもとっても楽しかったです。

by akagera_hitomi | 2013-08-13 23:23 | 南アルプス

比良・八雲ヶ原に泊まる

10月中旬

1日目

b0039898_2154529.jpg
b0039898_2155680.jpg

橋がなかったので、浅いところを選んで、渡渉しました。

ザックが大きいので、身体が振られそう…かなりドキドキして、渡りました。

b0039898_216774.jpg
b0039898_2161757.jpg


堂満岳のピークを踏んだのち、今夜のテント適地、八雲ヶ原へ向かいました。

この夜はりゅう座流星群の日。
テントを張ったところは、北の空がひらけていません。
流れ星はひとつも観れなかったけど、月が明るいわりには、
たくさんの星が輝いていました。

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2011/201110/1009/

2日目

b0039898_218849.jpg
b0039898_2182613.jpg
b0039898_2184622.jpg
b0039898_21912.jpg
b0039898_2191642.jpg
b0039898_2192912.jpg
b0039898_2194461.jpg
b0039898_2195921.jpg
b0039898_211023100.jpg
b0039898_21104594.jpg
b0039898_21111213.jpg


b0039898_2116363.jpg

b0039898_21113063.jpg
b0039898_21114629.jpg
b0039898_21121115.jpg



リーダーさん、ご一緒してくださったBちゃん、
おかげさまで、とっても、とっても楽しかったです。
お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2011-10-08 20:03 | 滋賀県の山

室堂から五色ヶ原へ

7月下旬
五色ヶ原へ行ってきました。
b0039898_15593123.jpg

2日目の ザラ峠~獅子岳への急斜面から振り返って見る五色ヶ原。
薬師岳が見えています。

コース
1日目 室堂バスターミナル~浄土山~富山大学立山研究所の分岐~獅子岳~ザラ峠~五色ヶ原テン場
2日目 テン場~ザラ峠~獅子岳~分岐~一の越~室堂バスターミナル

1日目
b0039898_16494568.jpg

雄山はガスでかくれてます。一の越小屋が見えています。

b0039898_1650611.jpg

 
b0039898_16503558.jpg

 
b0039898_16505385.jpg

 
b0039898_16511793.jpg
アオノツガザクラ
 
b0039898_16513039.jpg
クルマユリ
 
b0039898_16514810.jpg
チングルマ  
 
b0039898_1652454.jpg
トウヤクリンドウ
 
b0039898_16522275.jpg
クロユリ




2日目
b0039898_22161135.jpg
夜が明けていく景色をゆっくりと眺めていたいのだけど、テン場の朝は忙しいです。
テントをたたんだら、出発です。

b0039898_1645228.jpg

            ↑
       五色ヶ原 リーダーさん撮影のものをいただきました。
       チングルマのお花畑の中の木道を歩くワタシ。

b0039898_13294382.jpg
イワイチョウ
 
b0039898_13301545.jpg
コバイケイソウ
 
b0039898_13323252.jpg
ザラ峠へ下りてしまう前に、今いちど、五色ヶ原を振り返りました。
ハクサンコザクラもいっぱい咲いていたね。(ハクサンコザクラの写真は失敗しました。)
まだ張られたままのテントが見える。
この次は、薬師岳まで縦走したい。また来るね。
有難う、五色ヶ原。
 
b0039898_13372448.jpg

ザラ峠に下りる前の高いところから、昨日歩いて来た道を眺めます。
今日また同じ道をたどります。


b0039898_1403850.jpg
タカネヤハズハハコ
 
b0039898_1433010.jpg
分岐から雄山
 
b0039898_1435975.jpg
分岐から剱岳が見えます。
 
b0039898_14174581.jpg
イワツメクサ
 
b0039898_1418166.jpg
もう暫く歩くと、ゴールの室堂ターミナルです。
ここでまたまた、来し方を振り返ります。
1日目に通った浄土山方面の眺めです。

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
トレーニング不足でしんどいところもあったけど、とっても楽しかったです。

大阪から立山までの往復の、長時間の運転もしてくださったリーダーさん、BBちゃん、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2011-07-24 20:30 | 北アルプス

唐松岳

9月中旬
編集中

b0039898_15593113.jpg
b0039898_15595574.jpg

b0039898_1603980.jpg

b0039898_1674724.jpg

b0039898_1605137.jpg
b0039898_1624969.jpg
b0039898_163696.jpg
b0039898_163338.jpg
b0039898_1634978.jpg
b0039898_1641884.jpg
b0039898_1643940.jpg
b0039898_1645629.jpg
b0039898_1651279.jpg


by akagera_hitomi | 2010-09-20 20:30 | 北アルプス

伊吹山 夜間登山

8月上旬
伊吹山へ夜間登山してきました。

登山口~山頂(1377.3m) テント泊~登山口

19:00頃から登り始めました。
三合目付近までは、夜景が見えていましたが、だんだんとガスが湧いてきました。
暗い中、ガスが濃くなり、斜面は急坂になってきました。
ヘッドランプで岩がゴロゴロしている足元を照らし、気をつけて登りました。
涼しいはずなんだけど、歩いていると汗びっしょりです。

b0039898_187238.jpg
翌朝、やはりガスが湧いています。風が吹いていて涼しいです。

b0039898_1873698.jpg
b0039898_1875141.jpg
b0039898_18811.jpg
b0039898_1881315.jpg
b0039898_1885291.jpg
b0039898_189595.jpg
b0039898_1891866.jpg
b0039898_1893491.jpg
b0039898_1894857.jpg
b0039898_1810374.jpg
八合目付近を振り返って撮影。
昨夜は見えなかったけど、登山道脇にもお花が咲いていました。

涼しかったのは頂上付近だけで、下るにつれて、も~暑くて暑くて。

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2010-08-01 20:30 | 滋賀県の山

1日目 白山

7月下旬
石川県の白山・別山を歩いて来ました。

1日目  別当出合~砂防新道~南竜テント場~展望コース~室堂~御前峰~お池めぐり~室堂
      ~トンビ岩コース~南竜テント泊

b0039898_1625086.jpg
b0039898_163523.jpg
緑陰の白い花にときめきます。センジュガンピ
b0039898_1632533.jpg
b0039898_1634020.jpg
じんの介避難小屋付近から。別山が見えています。

b0039898_1635790.jpg
南竜山荘、テント場が見えてきました。
テントを張って、ザックを軽くして室堂に上がります。
展望コースを上がりましたが、遠くはかすんでよく見えませんでした。

b0039898_164757.jpg

b0039898_164253.jpg
室堂平

b0039898_1643697.jpg
御前峰を目指します。

b0039898_1645271.jpg
室堂センターを上から見ます。
b0039898_165599.jpg


b0039898_1652199.jpg
お池を回ります。

b0039898_1654988.jpg
b0039898_166456.jpg
b0039898_1661841.jpg


b0039898_859422.jpg

b0039898_167634.jpg

b0039898_1692046.jpg
b0039898_91736.jpg



 ↓ Hさん撮影のホシガラスの写真を載せさせてもらいました。有難う。
b0039898_1694165.jpg


by akagera_hitomi | 2010-07-22 22:30 | 北陸の山

2日目 別山

2日目は別山へ向かいました。

南竜テント場~別山~チブリ尾根~避難小屋~市ノ瀬 テント泊

b0039898_17595176.jpg
今日の行程はこの道標から始まりました。

b0039898_180416.jpg
急斜面を上がって振り返りました。
白山、何竜山荘も見えています。昨日歩いたコースを目で辿ります。
b0039898_1803249.jpg
稜線に上がりました。
快晴ですが、ガスが次から次へと湧いてきて、これから歩く稜線を隠してます。
b0039898_1805798.jpg
b0039898_1812676.jpg
b0039898_1815268.jpg
b0039898_182101.jpg
b0039898_1825960.jpg
b0039898_1831913.jpg

b0039898_18161651.jpg

b0039898_1825559.jpg

b0039898_1854316.jpg
b0039898_1861914.jpg
b0039898_1863925.jpg
b0039898_1871334.jpg

↑ 別山から、三の峰方面の稜線を眺めます。
三の峰は何年か前に歩いたことがありますが、やはり暑くてしんどかったなぁ。

b0039898_1875468.jpg
御舎利山のてっぺんがチブリ尾根への分岐。ここから下りていく尾根です。

b0039898_1883642.jpg
チブリ尾根避難小屋まで下りて来ました。
途中で、顔を何ヶ所も虫に刺されました。
b0039898_1822586.jpg

下りて来た尾根を振り返ります。

b0039898_189146.jpg
ダケカンバとブナの原生林の下を歩きます。
b0039898_18113479.jpg

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2010-07-22 22:25 | 北陸の山

赤坂山テント泊

1月下旬

比良へテント泊の計画でしたが、雪が少ないとの予想から急遽、マキノの赤坂山に変更になりました。
スキーヤーで賑わうスキー場から登りました。

b0039898_2172915.jpg

あずまやの前の広場で幕営。
あずまやは半分くらい雪に埋まっていました。
b0039898_2174452.jpg

写りのよくない写真ですが、載せました。
1月は満月が2回。
2回目の満月をブルームーンとよぶそうです。
今夜は、今年1番大きく見えるお月様だとかで。
漆黒の夜空に浮かぶ大きな満月は、神秘的な気がしました。

雪の上に月明かり。外はヘッドランプがいらないくらい明るいです。
天気は下り坂の予報。
やがておぼろ月となりました。

二日目
b0039898_2181693.jpg

天気がどうにかもちそうなので、山頂までボッカトレーニングです。

雪はたっぷりなのですが、緩んでいます。
歩いていると、時々、踏み抜いて、ずぼっと腿まで雪に埋まったりします。
比良は雪が少ないだろうから、ワカンは不要だと思って、持ってこなかったのですが、
赤坂山ならワカンは必要でした。

b0039898_2182740.jpg

もうすぐ頂上。
ネコ鉄塔がハイカーを見下ろしています。

下3枚は、頂上からの景色です。
b0039898_2183761.jpg
b0039898_2185094.jpg
b0039898_219229.jpg


駐車場に着いたとたんに雨が落ちてきました。
間に合ってよかったです。

リーダーさん、ご一緒した皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2010-01-31 20:30 | 滋賀県の山

1日目は涸沢カール

10月上旬
二泊三日の日程で、北アルプスは北穂高岳へ行ってきました。
1日目は涸沢カールまで。そこにテントを張りました。
b0039898_9124333.jpg
河童橋から

朝のうちはこんなにいい天気。
今日は1日、晴天のもとを歩けるのだと思っていました。
b0039898_9125846.jpg


b0039898_9133683.jpg
横尾を過ぎたあとから、青空が曇りに。
数日前に初冠雪したらしい穂高の稜線が見えてきました。

b0039898_15291385.jpg
天気は涸沢カールまでもちませんでした。

b0039898_15292777.jpg


by akagera_hitomi | 2009-10-10 20:30 | 北アルプス