タグ:比良 ( 28 ) タグの人気記事

堂満岳 第3ルンゼから

1月下旬

今日の堂満岳はハイキングコースではなく、第3ルンゼからです。
ルンゼのなかでも、そこが一番やさしいところなんだそうで、軟弱者の私でも大丈夫。
青ガレの基部から、入っていきます。
当初の計画では、そこからずうーっと遡って、主稜線のハイキングコースの東レ新道へ合流するはずでしたが、、
積雪の加減などで、第2支稜へ上がり、東レ新道に出ました。
初めてのコースを体験できて、嬉しかったです。

イン谷口~青ガレ~第3ルンゼ途中から支稜~東レ新道~堂満岳山頂(1057m)~東レ新道~
金糞峠~青ガレ~イン谷口


防寒の手袋をはめていると、デジカメが使いにくいのと、
急な斜面を登り、余裕がないせいもあって、ほとんど写真を撮っていません。
風もきつかったので、時々、耐風姿勢をとったりもしました。

ハイキングコースに出た時の私。撮ってもらいました。
  ↓
b0039898_17555022.jpg

ニット帽はずれてるし、ザックも斜めに。
メガネのくもりを拭いていないまま。なんかヨレヨレしてますね、ワタシ。

b0039898_17564174.jpg

山頂。
三角点は雪に埋もれていて、分かりません。

b0039898_17573019.jpg

立ち休憩で、ドーナツと温かい飲み物。
食べ物はいっぱい持っているんですが、寒いので、早く歩きたい気持ちです。
ここでワカンから、アイゼンに替えました。

b0039898_8471100.jpg

正面谷に下りていくところ付近か。
写真はほとんど撮っていないのに、撮影場所を覚えていない。
私は歩くことに夢中なんだと思います。

b0039898_17574928.jpg

青ガレ基部。朝登ったところの分岐に戻ってきました。


今日の天気は、登り始めは雨でした。
途中から、雪に変わって、森が白くなりました。

まだ時間があったので、第1ルンゼの入口付近の雪が深いところで、リーダーがレクチャーしてくれました。
勉強になりました。
リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
おかげさまで、楽しくて、有意義な一日を過ごさせていただきました。

今日の反省点
防水はしっかりしておこうね、自分。(笑)
by akagera_hitomi | 2014-01-26 22:22 | 滋賀県の山

武奈ヶ岳

1月上旬
2014年、登り始めは武奈ヶ岳です。

坊村~御殿山~西南稜~武奈ヶ岳山頂(1214.4m)~往路を引き返す

御殿山から武奈ヶ岳山頂を見ると、 ガスがかかっていて見えません。
ガスの切れ間から西南稜がちらっ、ちらっ。
雲も厚く、今日は遠望は無理のようです。
b0039898_17501680.jpg
b0039898_17503011.jpg
真っ白な景色のなかを進み、山頂に着きました。

ハイカーが続々と上がってきます。

 行動食を口にして、早々に下山です。
b0039898_17511635.jpg
山頂は特に寒いので、長居できずに、さっさと下り始めたのだけど、下りてしまうのがモッタイナイ。
コヤマノ岳の樹氷が美しいです。
青空が見える瞬間を願いながら、何度も振り返ったり、空を仰いだり、度々足を止めます。
厚い雲に覆われた灰色の空は、雲が流れて、ところどころ明るくなったり、色の変化が不思議な感じ。

写真にうまく映っていないのが、残念です。
b0039898_17500398.jpg
b0039898_17514353.jpg
b0039898_17520294.jpg
下山途中、雲の切れ間から、少しだけのぞく空の青さが鮮やかでした。
b0039898_17521690.jpg
今日も無事に下山できました。久しぶりにつけたスノーシューは重たかったけど。
楽しい一日でした。
リーダーさん、皆さん、有難うございました。




by akagera_hitomi | 2014-01-05 23:23 | 滋賀県の山

比良テント泊縦走

11月上旬
比良へテント泊して来ました。
全山縦走の計画でしたが、二日目は天気が崩れたので、先に進まずに八雲が原から下山しました。


一日目 和邇駅からタクシーで霊仙山の登山口~霊仙山~権現山~蓬莱山~打見山~
      比良岳~烏谷山~金糞峠~八雲ヶ原テント泊
二日目 八雲ヶ原~北比良峠~ダケ道~イン谷口~比良とぴあ


1日目

b0039898_170177.jpg
b0039898_1703164.jpg
b0039898_1704412.jpg

b0039898_1705589.jpg

打見山のびわこバレイスキー場が見えてます。

b0039898_1711213.jpg
b0039898_1712753.jpg

晩ご飯に使うお水は、金糞峠から谷へ下りていったところの、沢の水をくみました。

暗くなる前に八雲ヶ原に到着。

晩ご飯は、リーダーさんがトン汁を準備をしてきてくださったので、
それにSさんが、お味噌を加えて温めて、作ってくれました。
温まって、美味しかったです。
ご馳走さまでした。

2日目

寝る前には、お月さまが出ていたものの、夜半にテントを揺らす風が吹き始めました。
明け方には弱い雨も加わって、
八雲ヶ原から下りることにしました。

b0039898_1743525.jpg
b0039898_1744549.jpg

北比良峠からコヤマノ岳を振り返って。

リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、お世話になりまして、
有難うございました。

2日目の行程は下りるだけとなり、全山縦走は出来ませんでしたが、
とっても楽しかったです。

次回、天気のよい時に、どうぞ宜しくお願いします。
by akagera_hitomi | 2013-11-10 16:07 | 滋賀県の山

比良 釈迦岳~カラ岳

9月中旬
編集中

今週土曜日は、歩けそうなお天気なので、比良へ行って来ました。

二週間ぶりのハイキングです。


b0039898_1518562.jpg
b0039898_15181911.jpg
b0039898_1518494.jpg
b0039898_1519964.jpg

by akagera_hitomi | 2013-09-14 22:22 | 滋賀県の山

比良 ツェルト張ってビバーク体験?

7月下旬

久しぶりの比良です。
比良駅から登山口までのバスの運行が始まりました。
嬉しい~です。

江若バスさん、有難うございます。

おかげで、時間短縮できます。

b0039898_10501681.jpg


b0039898_10503447.jpg


八雲ヶ原が見えてきました。
今夜はその付近で、ツェルトを張ります。

ツェルトを張って、ご飯を食べたあと、Aコーチからのビバークについてのレクチャーがありました。
勉強にもなりました。


夜中、風もなく雨も降らず、ツェルトはつぶれることなく、無事に朝を迎えました。
夏の低山だから、シュラフカバーで十分と思っていたんですが、意外に肌寒く、
夜中にレインを着こんで寝ました。


山の朝はさわやかです。
今日は武奈ヶ岳の山頂を目指します。

ふり返っては、昨日歩いた道を眺めます。
b0039898_10505834.jpg



b0039898_1051161.jpg

コヤマノ岳の分岐付近


b0039898_10524857.jpg

西南尾根
b0039898_1053192.jpg

三角点
b0039898_10531423.jpg

細川峠へ下りていきます。
その方角の眺めです。
b0039898_10532797.jpg


久しぶりの比良、楽しかったです。
ツェルトの張り方も教えていただき、レクチャーも受けて、有意義な山行でした。

リーダーさん、サブリーダーさん、Aコーチ、有難うございました。
ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。


今回、体験したもののひとつ。
将来、登山者は携行することになるかもしれませんね。
      ↓
b0039898_527128.jpg

使いがってはどうであったかは、次回お逢いした時にでも、聞いてやってください。
by akagera_hitomi | 2013-07-21 22:22 | 滋賀県の山

リトル比良

5月上旬
リトル比良へ行って来ました。

JR大阪駅7:45発、敦賀ゆき快速に乗り、近江高島駅で下車。
駅前を9:04発のバスの乗り、5分ほどで「音羽」バス停へ。
今日はここから歩き始めました。

音羽バス停~~岳山~オーム岩~岩阿砂利山(686.4m)~鵜川越~寒風峠~楊梅の滝~北小松駅


b0039898_22334537.jpg

長谷寺のお隣に大炊神社は、翌日にお祭りをひかえ、その準備をされていました。
御神輿を見せてもらいました。

b0039898_2234931.jpg


b0039898_22341816.jpg

高度をあげると、琵琶湖が見えてきます。
今日もいい天気です。


b0039898_22351658.jpg

オーム岩の上からの眺め

b0039898_2235278.jpg

オーム岩からちょっと先あたりの、登山道脇の岩の上に腰かけて、お昼休憩しました。

b0039898_2236637.jpg

コース途中から、武奈ヶ岳の山頂が見えました。

b0039898_22362273.jpg

この時期、コバノミツバツツジが鮮やかです。

滝山(703m)のピークにもちょっと寄り道して、寒風峠へ進みます。
そして涼峠へ。

b0039898_2237756.jpg


だいぶ下りてきたところから、滝が見えます。

b0039898_22371428.jpg

滝の前を通過。


b0039898_22374462.jpg

下山すると、「比良登山線運行開始」のポスターがありました。
バスが運行されると、比良はいきやすくなります。

リーダーさん、リトル比良を案内してくださって、有難うございました。
おかげさまで、楽しい一日でした。
by akagera_hitomi | 2013-05-03 22:31 | 滋賀県の山

比良・堂満岳

1月中旬
堂満岳登山口~ノタリホリ~山頂~金糞峠~正面谷~青ガレ~イン谷~

b0039898_11103328.jpg


b0039898_11275555.jpg
ノタリホリ

b0039898_11105554.jpg


来週登る予定の荒島岳の練習のため、
ここより先はワカンに替えて、踏み跡のないところを直登しました。
先頭を交代しながら、雪をかきわけ登りました。

b0039898_11281086.jpg

雪が深く、山頂直下あたりで、時間がかかったようです。
ピークを踏んで、そこから往路を引き返すのかと思っていましたが、
計画通りの周回コースに進むとのことです。

数分の立休憩だけで、どんどん進みます。

お腹空いている…ゆっくりと行動食を食べたいけど…。

ちょっとした休憩の際に、行動食を口にいれることも練習しないといけません。

金糞峠をちょっと下ったところで、ワカンからアイゼンに替えました。

b0039898_11143850.jpg


計画通りに無事に下山できました。

リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。
by akagera_hitomi | 2013-01-20 22:30 | 滋賀県の山

比良 御殿山

1月上旬

b0039898_9532454.jpg

御殿山ピークからの武奈ヶ岳

b0039898_1325199.jpg

麓から、雪がたっぷりです。
b0039898_13253690.jpg
b0039898_1326050.jpg
b0039898_13261692.jpg

b0039898_9533069.jpg

今日はワカンもアイゼンも使ったね。

リーダーさん、ご一緒してくださったAさん、お世話になりまして、有難うございました。
by akagera_hitomi | 2013-01-04 21:30 | 滋賀県の山

比良・八雲ヶ原に泊まる

10月中旬

1日目

b0039898_2154529.jpg
b0039898_2155680.jpg

橋がなかったので、浅いところを選んで、渡渉しました。

ザックが大きいので、身体が振られそう…かなりドキドキして、渡りました。

b0039898_216774.jpg
b0039898_2161757.jpg


堂満岳のピークを踏んだのち、今夜のテント適地、八雲ヶ原へ向かいました。

この夜はりゅう座流星群の日。
テントを張ったところは、北の空がひらけていません。
流れ星はひとつも観れなかったけど、月が明るいわりには、
たくさんの星が輝いていました。

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2011/201110/1009/

2日目

b0039898_218849.jpg
b0039898_2182613.jpg
b0039898_2184622.jpg
b0039898_21912.jpg
b0039898_2191642.jpg
b0039898_2192912.jpg
b0039898_2194461.jpg
b0039898_2195921.jpg
b0039898_211023100.jpg
b0039898_21104594.jpg
b0039898_21111213.jpg


b0039898_2116363.jpg

b0039898_21113063.jpg
b0039898_21114629.jpg
b0039898_21121115.jpg



リーダーさん、ご一緒してくださったBちゃん、
おかげさまで、とっても、とっても楽しかったです。
お世話になりまして、有難うございました。
by akagera_hitomi | 2011-10-08 20:03 | 滋賀県の山

比良 御殿山まで

1月上旬
今年初めの比良は、坊村からです。

坊村~御殿山(1097m)~坊村

今シーズンの比良は雪が多いようで、麓から雪の上です。
目指すピークは武奈ヶ岳頂上でしたが、風と雪に阻まれ、御殿山までとなりました。
途中で引き返すことになりましたが、それでも、充分に楽しみました。

b0039898_15572793.jpg

b0039898_15573953.jpg

急斜面にはふかふかの雪がたっぷりと積もっていました。

b0039898_15574970.jpg
b0039898_15575926.jpg
b0039898_15581151.jpg

御殿山から一瞬でも、西南稜が見えるといいなぁと、暫く待っていましたが…。
今日はだめみたい。諦めて下ります。
b0039898_15582175.jpg
b0039898_15583461.jpg

途中、安曇川を挟んだ向こうの山々がちょっとだけ見えました。

b0039898_15584991.jpg
b0039898_15591021.jpg


リーダーさん、皆さん、いつも有難うございます。
by akagera_hitomi | 2011-01-08 15:59 | 滋賀県の山

恋する乙女のようにお山を歩きたい。


by akagera_hitomi
プロフィールを見る
画像一覧