。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


恋する乙女のようにお山を歩きたい。でも最近はお山から遠ざかっています。そんな私の備忘録です。
by akagera_hitomi

タグ:沢 ( 8 ) タグの人気記事


大峯 神童子谷

8月下旬
b0039898_1638461.jpg

神童子谷へ沢歩きに行ってきました。
神童子谷、とても綺麗な沢。
暑い盛りに、沢歩きができるなんて、幸せです。
リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
とっても楽しかったです。

b0039898_1222389.jpg

リーダーさんに写真も撮ってもらいました。有難うございました。


ヘルメットの前につけている白いものは、ビニール袋に入れて濡れないようにしている遡行図です。

そういうふうにしていたメンバーの真似をしました。
ナイスアイディア!ですね。 感心しました。
頭の上につけておけば、直ぐに地図を見ることができるし、それほど濡れませんもの。

沢歩きをされる皆さん、このようにしてはいかがでしょうか。

by akagera_hitomi | 2012-08-26 22:22 | 奈良県の山

二日目 赤木沢遡上~北ノ俣岳

二日目

赤木沢、透きとおった水が勢いよく流れ、沢床もよく見えて綺麗、大きな岩も河原もやっぱり綺麗、
沢沿いは豊かな緑が茂っていて。
空は青く、水面がキラキラと輝いています。

写真を、いっぱい撮りたかったのだけど、デジカメが水に濡れて壊れてはいけませんので、
ザックに仕舞いました。
写真はザックをおろせる休憩の時にしか写せませんでした。

b0039898_932027.jpg
b0039898_935896.jpg
b0039898_941772.jpg


b0039898_9183175.jpg

 ↑
メンバーに撮ってもらいました。
深みにはまる必要もなかったのですが、沢の水に浸かってみたかったワタシ。
冷たくて、気持ちいいです。

b0039898_944297.jpg




b0039898_9261927.jpg

 ↑
メンバー撮影の写真を載せさせてもらいました。有難うございます。
滝の前付近です。

b0039898_95456.jpg

大きな滝です。
これをどうやって、まくのか…
滝を見上げて、ちょっと不安になったりしますが。

大丈夫。
少し下りたところから、草つきの急な斜面をよじ登りました。

リーダーが、皆を安全に歩かせてくれます。
うちのリーダーはなんて素晴らしいのだろうと、いっそう尊敬の気持ちを抱く瞬間です。

大きな滝を過ぎ、どんどん歩いていくと、沢が細くなり、水の音も小さくなり、やがて源頭付近。
お花畑でした。

そこで、沢靴から登山靴に履き替えます。
メンバーがお湯を沸かしてくれたので、コーヒータイムです。
至福の時間。有難うございます。

b0039898_953631.jpg
b0039898_961123.jpg
b0039898_9627100.jpg


b0039898_964397.jpg

残雪の斜面を登り、やがて稜線に出ます。

b0039898_97056.jpg

私たちが登ってきたところはどこ?どこ?
あっ、あそこから登ってきたんですね。
嬉しくて、胸がいっぱい。
まだ、先の行程があるのに、達成感です。
最後まで、気をゆるめずに歩きますと、自分に言います。

b0039898_972098.jpg

北ノ俣岳山頂に着く頃には、ガスが湧いてきてました。

b0039898_98464.jpg
b0039898_983658.jpg
b0039898_985711.jpg

ワタスゲのお花 初めて見ました。

b0039898_991559.jpg

北ノ俣岳を振り返って眺めます。


昨日の午後、この分岐を左に進み、今日、周回して戻ってきました。

b0039898_993030.jpg


by akagera_hitomi | 2012-08-06 22:22 | 北アルプス

金剛山 丸滝谷

9月中旬

三峰山へ沢歩きの予定が、お天気がよくないので、変更になりました。
行き先は、金剛山 丸滝谷。
以前から歩いてみたかったコースです。
残暑の厳しいなか、気持ちよく歩くことが出来ました。

水越峠付近~丸滝谷~六道ノ辻(休憩)~山頂広場~六道ノ辻~太尾尾根~水越峠付近
b0039898_143583.jpg
b0039898_1431659.jpg


リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
車に乗せてくださったJ・Pさん、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2011-09-11 20:30 | 大阪府の山

裏六甲 大池地獄谷 沢歩き

8月中旬

暑い盛りに、沢登りが出来る幸せを、感じながら登りました。

コース
神港グランドの横~地獄谷~4番目の堰堤から沢へ~途中から登山道に戻る~ノースロード~三国池~ダイヤモンドポイント~西尾根~神港グランドの横

b0039898_8514446.jpg

デジカメを濡らさないように、ザックにしまったので、谷の写真は始めのこれ一枚です。


b0039898_852628.jpg
三国池

  
b0039898_8522227.jpg
ダイヤモンドポイントからの眺め

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
楽しい1日でした。

by akagera_hitomi | 2011-08-14 20:49 | 兵庫県の山

比良 明王谷・白滝谷の沢歩き

8月上旬
暑い盛りに、比良へ沢歩きに行って来ました。数年ぶりの沢歩きに身も心も躍ります。
リーダーさん、参加の皆さん、有難うございました。

コース
坊村の駐車場の奥から、明王谷に入渓~三の滝の前まで遡上、そこから林道にあがる
~牛コバ手前付近から白滝谷へ入渓~時間になったので、途中でハイキングコースに
あがって、引き返す~林道~坊村の駐車場

b0039898_1937729.jpg
b0039898_1937231.jpg
b0039898_19375568.jpg





by akagera_hitomi | 2009-08-08 20:30 | 滋賀県の山

芦生・柩倉谷

6月中旬
b0039898_1548595.jpg

木々の葉が茂る谷の、綺麗な沢の中を、沢靴を履いて歩いてきました。
芦生・柩倉谷、癒しの谷と言われているところです。
聞いていたとおり、心地良いところです。
流れはゆるやかで、深いところもなく…。
と書きつつも、実は胸まで水に浸かった箇所が一箇所だけありましたが。
滝や歩きにくいところは、地道に上がります。
透き通った沢は、木漏れ日が差し込むと水面がキラキラと輝きます。
沢の音に混ざってさえずりも聞こえてます。
オオバアサガラは、今が花の時期のようで、満開の花穂が枝から下がり、そよ風にかすかにゆれていました。
コアジサイもたくさん咲いていて、近くを歩くとその香りに気づきます。
時間が経つのを忘れてしまうような、そんな沢歩きでした。
リーダーさん、ご一緒してくれた皆さん、有難うございました。
b0039898_1611488.jpg


by akagera_hitomi | 2007-06-20 16:06 | 京都府の山

比良 白滝谷へ

8月13日(土)
白滝谷へ沢歩きに行って来ました。
その日の朝、滋賀方面は大雨警報が出ていたんだけど、とりあえず登山口まで行ってみようかと言うことになり、坊村へ向かったのです。
向っている途中からやはり雨が降り始めて。
坊村に着いて相談の結果、奥の深谷はやめて、前に遡行したことのある白滝谷コースに変更し、谷の様子を見て、早めに下りてこようということになり、支度をしました。
早めに下りてくるなら、ハーネスもロープも使わないだろうから、車においていくことにして、ザックを軽くして出発。
雨はいつの間にか止んで、入谷してみれば、沢の水量は意外に少なく、途中で引き返す予定が、結局、夫婦滝まで行ってしまいました。
怪我もなく無事に沢を登っては来れたけど、臆病者の私は、一ヶ所怖いところがあって、ロープをおいてきたことを後悔しました。
今日も、メンバーの差し出してくれるお助けひもに助けてもらいました。
ご一緒した皆さん、お世話になりまして、有難うございました。
下山はハイキングコースを下りる。道の脇にホトトギス、シモツケソウが咲いていた。
b0039898_104063.jpg


by akagera_hitomi | 2005-08-16 23:49 | 滋賀県の山

白滝谷で沢登りの実技

7月9、10日(土、日)
所属している山の会の初級登山学校の最後の実技となる沢登りが、
比良山系の白滝谷で行われました。
1年ぶりの沢です。
土曜日に登山口である坊村へ着いた時は、またしても雨。
レインウェアを着てテントを張り、テントの中で夕食を食べました。
やがて雨が止んで、翌朝は曇り。
沢登りの支度をして、テント場を出発。前日の雨で、水量は多かったのですが、
ベテランの先輩方に見守られての遡行である。
危険なところはロープを張ってもらって、それにクレムハイストノットで自分を確保して
登りました。
時折射す木漏れ日に水面がキラキラします。
前日の雨に洗われた緑がいっそう鮮やかです。
山の斜面にナツツバキの木を見つけました。
楽しい沢登りでした。お世話してくださった先輩方、ありがとうございました。
b0039898_19421231.jpg


この日の写真は一枚もありません。
写真がないと淋しいので、よそで見かけて写したものを貼ります。

by akagera_hitomi | 2005-07-14 23:37 | 京都府の山