。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


恋する乙女のようにお山を歩きたい。でも最近はお山から遠ざかっている私の備忘録です。
by akagera_hitomi
以前の記事
カテゴリ
タグ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:鈴鹿 ( 24 ) タグの人気記事


御在所岳

11月中旬

編集中

御在所岳へ行って来ました。

日向小屋~中道分岐~山頂(1212m)~国見峠~裏道~藤内小屋~日向小屋~湯の山温泉


b0039898_1594496.jpg

新築の小屋。
b0039898_159578.jpg


b0039898_1523786.jpg


b0039898_1524876.jpg


b0039898_1525951.jpg


b0039898_1531154.jpg


b0039898_1532568.jpg


b0039898_1533912.jpg


b0039898_15121684.jpg


b0039898_1541475.jpg


b0039898_1543379.jpg


by akagera_hitomi | 2013-11-17 22:22 | 三重県の山

鈴北岳

4月中旬

b0039898_19589100.jpg

b0039898_200150.jpg

b0039898_2023931.jpg


b0039898_2044591.jpg

b0039898_19583587.jpg


リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、いつも有難うございます。

by akagera_hitomi | 2012-04-14 20:55 | 滋賀県の山

藤原岳 頭陀ヶ平

4月上旬
藤原岳へ行ってきました。

b0039898_16342475.jpg


b0039898_20421883.jpg


リーダーさん撮影の写真を載せさせてもらいました。
有難うございます。

b0039898_20423535.jpg

黒い帽子をかぶっているのがワタシです。
水の溜まっているところの淵を、怖がりながら、
少しずつ足をずらして移動しているところです。


b0039898_16344718.jpg

沢をつめて、高度を上げたところで、ようやくフクジュソウにあえました。

b0039898_12361728.jpg

 ↑
このお花、初めて見ました。
トウダイグサの仲間のように見えるのですが、どなたかお花の名前教えてくださいませんか。

って書いたら、植物の名前を教えてくださった方がいました。
有難うございました。

b0039898_16352022.jpg
b0039898_16354980.jpg

頭陀ヶ平(ずだがひら)の三角点


b0039898_16361215.jpg
b0039898_16362814.jpg

やっと藤原山荘の屋根が見えてきました。
ここから藤原岳の頂上は近いのですが、今日は行動時間が長くなっていたので、
ピークを踏まずに、山荘で休憩したのち、下山することにしました。

b0039898_16364640.jpg
b0039898_1637383.jpg


今日も無事に下山できました。有難うございました。

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2012-04-08 20:30 | 三重県の山

霊仙山はまだ冬でした。

3月下旬
この時期になると、気になるお山はフクジュソウの咲く霊仙山。
西南尾根のフクジュソウの開花には、まだちょっと早いのではと思いながらも、
うきうきと行ってきました。

落合~南西尾根~展望台~最高点~霊仙山頂~経塚山~お虎ヶ池~汗フキ峠~落合

b0039898_1522483.jpg
西南尾根 このあたりを登っている頃は、まだ景色は見えていたようです。
この斜面で、何組かのグループとすれ違いました。

b0039898_8154749.jpg


b0039898_15225056.jpg

お天気が崩れることは知ってはいましたが、引き返さずに周回コースを進みました。
風強いです。吹雪いてきました。
b0039898_15231781.jpg
b0039898_15232845.jpg

b0039898_15233914.jpg

山頂に着いた頃には、周りはすっかり真っ白になってしまいました。
数メートル先が見えません。
ピークがただっぴろい霊仙は、周りの景色が見えていないと、間違った方へ行ってしまいます。
リーダーから、メンバーは間を空けずに歩きましょうとの指示がありました。
サブリーダーさん持参のGPSで、現在位置を確認しながら、
コンパスの指し示す方向へ慎重に進みました。

b0039898_15234950.jpg


強風にあおられてヨロヨロと歩きながら、お虎ヶ池の鳥居の前に着きました。
ここでやっと立ち休憩。
そこから先は、だんだんと踏み跡がわかるようになり、急斜面にかかったあたりでは、
雪がとけて一本道。
もう道を失うことはありません。ほっとしました。
あとは、泥で滑りやすい道をしりもちをつかずに下るだけです。

b0039898_152713100.jpg


b0039898_15242776.jpg

汗フキ峠から落合へ戻ります。

稜線付近は低木の樹氷が綺麗だったのに、写真を撮る余裕がありませんでした。

b0039898_15245167.jpg


予定のコースタイムより少し遅れて、下山。
無事に下山できましたこと、有難うございました。
今日は、ちょっと遭難しそうでした。
おおごとにならなかったから、言えることではありますが、ホワイトアウトはよい体験でした。

今日の一番の、私の反省は、地図を入れるマップケース(ジップロックだけど)を忘れたこと。
雪と風で地図がボロボロ。
汗フキ峠に着く頃には、もう読めないくらいでした。

フクジュソウは落合の集落では咲いていました。

リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2012-03-26 20:10 | 滋賀県の山

鈴鹿 入道ヶ岳

12月上旬
入道ヶ岳へ行ってきました。
リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。

b0039898_2243310.jpg
b0039898_2244558.jpg
b0039898_2245897.jpg
b0039898_22589.jpg
b0039898_2252312.jpg
b0039898_2253654.jpg
b0039898_2255273.jpg
b0039898_226920.jpg
b0039898_2263227.jpg
b0039898_2264695.jpg


by akagera_hitomi | 2011-12-04 20:30 | 三重県の山

霊仙山 フクジュソウ

4月上旬
b0039898_1913556.jpg



先月から数えて4回目の鈴鹿。今日ついに、今年のフクジュソウに遇えました。
大阪から遠い鈴鹿山脈に、こんなにも度々訪れることが出来るなんて、
私はホントに幸せなハイカーです。
企画して、運転して、引率してくれるリーダーさんたちと、
ご一緒してくれるお仲間たちのおかげ。
いつも感謝しています。

今日でフクジュウソウを満喫しちゃったら、大好きな鈴鹿へ訪れる機会がないかもしれん…って、
そんなことを考えちゃったりして。

b0039898_18372786.jpg


b0039898_914882.jpg

          ↑ この子、誰でしたっけ?
          毎年のように遇うのだけど、名前忘れました。
b0039898_932682.jpg


b0039898_1838574.jpg

急斜面を登っている途中、振り返ると、御池岳が霞んで見えてました。

稜線にあがるとフクジュソウがポツポツとあらわれます。
b0039898_19511310.jpg
b0039898_1952565.jpg


まずは山頂を踏まなければ、フクジュソウを愛でながら、前に進みます。
b0039898_1941541.jpg


b0039898_1943632.jpg

山頂はハイカーで賑わっていました。
伊吹山が見えます。

b0039898_1951793.jpg
b0039898_1953381.jpg

残っている雪がハート型に見えなくもない。
今日は周回コースではなくて、来た道を戻ります。

b0039898_1955117.jpg

b0039898_1993178.jpg

下山にも、まだしつこくフクジュソウの写真を撮ります。
あとで、気づきました。
お花と共に、鹿さんの糞もいっぱい写っていました。
ありのままの山の様子、写っていても私は構わない気もしたんだけど…
やっぱりその写真は載せないことにしました。

b0039898_1910352.jpg


b0039898_1981214.jpg

西南尾根は登るよりも、下る方がちょっと厳しいかも。急ですから。

今日も無事に下山できました。有難うございました。

今畑の登山口~笹峠~西南尾根~霊仙山(1083.5m)~最高点~西南尾根~笹峠~登山口

by akagera_hitomi | 2011-04-10 20:04 | 滋賀県の山

鈴鹿 御池岳

4月上旬

御池岳へ行ってきました。
コグルミ谷には、まだまだ雪が残っていました。

コグルミ谷~御池岳(1247m)~鈴北岳(1182m)~鞍掛峠~トンネル入り口付近の登山口
b0039898_18172021.jpg
b0039898_18173816.jpg
b0039898_1818067.jpg
b0039898_18182264.jpg
b0039898_18183779.jpg
b0039898_181857100.jpg
b0039898_18191670.jpg
b0039898_18193056.jpg


リーダーさん、ご一緒させて頂いた皆さん、いつも有難うございます。




by akagera_hitomi | 2011-04-02 20:14 | 滋賀県の山

藤原岳を変更して、雨乞岳へ

3月下旬
藤原岳へフクジュソウを観に行く計画で、茨川の方の登山口へ向ったのですが、
登山口に通じる林道が、前夜に降ったらしい雪におおわれて、通行できそうになく。
急遽、雨乞岳方面へ行くことになりました。
3月下旬とは思えない雪景色です。

b0039898_17252465.jpg
b0039898_17254717.jpg

b0039898_17441182.jpg


b0039898_17261979.jpg

↑ツルベ谷出合いの分岐から、イハイガ岳へ向かっていたのですが、
沢にかかる丸太の橋には雪が積もり、何だかとっても危ない気が…
橋は渡らずに、そこから引き返して、さきほどの分岐から、今度はフジキリ谷を歩くことにしました。

b0039898_17461664.jpg
b0039898_17463599.jpg

蓮如上人の御旧跡付近で、今日は時間ぎれとなり、来た道を引き返すことにしました。

b0039898_1747154.jpg

b0039898_1749175.jpg


ピークは踏めなかったけど、真っ白な雪の上を歩くことができて、私は満足。
リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、いつも有難うございます。



by akagera_hitomi | 2011-03-26 20:18 | 滋賀県の山

霊仙山

3月中旬

鈴鹿 霊仙山へ行ってきました。

くれヶ畑登山口~汗ふき峠~廃村今畑の登山口~東南稜~最高点(1098m)~
汗ふき峠~くれヶ畑登山口

b0039898_15475796.jpg

今日のコースは、くれヶ畑の登山口から入り、谷筋を歩いて、今畑の登山口へ。
長いコースとなります。
b0039898_15481554.jpg


b0039898_15483173.jpg

雲がハート型に見えなくもない。

b0039898_15495737.jpg
b0039898_15501494.jpg
b0039898_15502689.jpg
b0039898_15504372.jpg
b0039898_1551832.jpg
b0039898_15512242.jpg
b0039898_15514589.jpg

伊吹山が近くに見えています。
b0039898_15553426.jpg

b0039898_15555085.jpg


b0039898_15515659.jpg

今日の霊仙山で、フクジュソウが観れたらいいねって、思っていたけど、咲いてなくて。
麓の方で可憐なお花が咲いていました。

リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2011-03-19 20:38 | 滋賀県の山

鈴鹿 藤原岳

1月上旬

2011年初めの山行は、鈴鹿の藤原岳(1140m)となりました。
何年か前、フクジュソウの頃に、登ったことのある想い出のお山です。

大貝戸登山口~大貝戸道~山頂~天狗岩付近~大貝戸道~登山口

b0039898_1540156.jpg

4合目付近から雪の上を歩きます。

b0039898_15402276.jpg

この日の空は青く澄んでいて、清々しくて。
あまりにも綺麗なんで、涙がにじみそうです。

b0039898_1541412.jpg

藤原山荘から見る藤原岳の頂上です。
アイゼンを外し、山荘の中でお昼ごはんを食べました。

ザックは山荘にデポし、頂上へ。
b0039898_15411567.jpg


b0039898_15412865.jpg


b0039898_15414375.jpg


b0039898_15415426.jpg

天狗岩付近からの藤原岳の山頂を撮りました。

b0039898_15421899.jpg

天狗岩付近からは霊仙山と伊吹山が見えました。

今日も至福の山登りでした。
リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、いつも有難うございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

by akagera_hitomi | 2011-01-03 20:38 | 三重県の山