。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


恋する乙女のようにお山を歩きたい。でも最近はお山から遠ざかっています。そんな私の備忘録です。
by akagera_hitomi
以前の記事
カテゴリ
タグ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:3000m ( 11 ) タグの人気記事


光岳~聖岳

8月中旬

b0039898_10204197.jpg

おかげさまで、今夏も高いお山に登ることができました。
お天気にも恵まれて、至福の山旅ができました。

いつも気持ちよく私を送り出してくれる夫の隆ちゃん、
いつも有難うございます。

一日目 易老渡~面平~易老岳~光岳~光小屋テント場
二日目 光岳テント場~易老岳~希望峰~茶臼岳~上河内岳~聖平小屋テント場
三日目 聖平小屋~薊畑~聖岳(3013m)~薊畑~苔平~西沢渡~便ヶ島広場




1日目
この登山口からスタートです。標高は880mとある。

今日の予定は光岳まで。光岳の標高は2591m。標高差はおよそ1700mほど。
頑張りま~す。

b0039898_22164272.jpg


b0039898_22165823.jpg


b0039898_22183166.jpg

こんな感じの森の中を、登っていきます。何時間も。
展望ありません。
展望なくても、いいのです。
木漏れ日が素敵です。

b0039898_22184550.jpg

コースの途中の三角点 (2254.1m)

b0039898_2219531.jpg

もうじき主稜線に出れそうです。

b0039898_22192016.jpg

易老岳の山頂です。
ここも、木立に囲まれて展望がよくない。

b0039898_22194220.jpg

易老岳から光岳へ向かっていると、展望がよくなりました。

b0039898_2220349.jpg

ピッチのあがらないワタシを心配して、振り返るリーダーさん。

私よりもかなり重たいザックを担いでいるのに、ペースをくずすことなく坦々と登っていくリーダーさんは、すごいなぁと尊敬します。

b0039898_8501786.jpg

リーダーさん撮影のワタシ。

暑いです。山の上でも暑いです。

b0039898_22202814.jpg

リーダーさん撮影 ゴーロの谷筋を登っているワタシ。

b0039898_22205355.jpg

あーっ、光小屋の屋根が見えた~。もう少しで着きます。

テン場について、ザックをおろして、ほっとしました。

b0039898_22214274.jpg

光小屋  リーダーさん撮影

ひといきついて、ピークへ行きます。

b0039898_22303753.jpg


b0039898_2233022.jpg


b0039898_2224568.jpg

光岳の由来となった光石には、行きませんでした。
ここから見ただけ。

光岳と書いて、てかりだけと読むんですが。読み方、面白いね。

b0039898_22251266.jpg
b0039898_22252515.jpg


光小屋の向こうに見えているのは、イザルヶ岳。




2日目

今日は易老岳までは来た道を戻り、稜線を歩きます。

朝方は霧が出ていましたが、だんだんと天気がよくなり、青空となりました。

b0039898_0295348.jpg

光岳があんなに遠くなっている。
有難う、光岳。登れて嬉しかったよん。

b0039898_0301650.jpg
b0039898_0303970.jpg

b0039898_031431.jpg
b0039898_0312348.jpg

茶臼岳の手前の木道
b0039898_0315779.jpg


b0039898_8414571.jpg

リーダーさん撮影のワタシ。

b0039898_0321884.jpg
b0039898_0323649.jpg

ライチョウさんに遇えました。

b0039898_0325457.jpg
b0039898_0332179.jpg
b0039898_033444.jpg

上河内岳の肩付近から。
歩いてきた道を振り返ってみたりします。
b0039898_0344278.jpg
b0039898_035136.jpg
b0039898_0352644.jpg
b0039898_0354998.jpg
b0039898_0361376.jpg
b0039898_0363970.jpg
b0039898_0365445.jpg

聖平小屋
いいところです。
お客さんに、テント泊の人たちにも、果物のいっぱい入ったフルーツポンチをサービスしてくれました。
お水も豊富で、自由に使わせてもらえて、有難いことです。

この晩、満天の星。
流れ星をひとつ見ました。
この時期はペルセウス流星群の頃です。
高山でテント泊して、そこで流れ星をみたいと願っていましたので、それが叶いました。


3日目

今日は、薊畑にザックをデポして、山頂を目指します。

b0039898_13720.jpg
b0039898_132329.jpg
b0039898_133945.jpg

b0039898_14087.jpg
b0039898_141555.jpg

山頂標識が見えてきました。山頂広い。
b0039898_143257.jpg

到着。
有難う、聖岳。
b0039898_1021426.jpg

b0039898_17523.jpg
b0039898_181032.jpg
b0039898_185586.jpg
b0039898_191569.jpg

名残りを惜しんで、山頂をあとにします。
ここ、滑りやすいです。

b0039898_194035.jpg
b0039898_195655.jpg

薊畑に戻って休憩して、再びザックを背負い、下りていきます。

b0039898_1101945.jpg

苔むした深い森。大木も倒木もあります。

b0039898_1103964.jpg

山頂が3013m。便ヶ島の標高が920m。
標高差2093m。
長い!それも急勾配です。

b0039898_1105517.jpg

渡渉地点まで来ました。
あと、40分ぐらい。

b0039898_1111278.jpg


無事に下山できました。
リーダーさんは、私が便ヶ島広場で休憩している間に、ひとりで易老渡に停めている車を
取りに行ってくれました。


リーダーさん、大変お世話になりまして、有難うございました。
おかげさまで、心ゆくまで楽しみました。
とってもとっても楽しかったです。

by akagera_hitomi | 2013-08-13 23:23 | 南アルプス

乗鞍岳

3月下旬

乗鞍は剣ヶ峰のピークに登ってきました。

一日目  乗鞍高原スキー場~リフト最高点~位ヶ原山荘
二日目  位ヶ原山荘~肩の小屋口~剣ヶ峰(一等三角点3025.6m)~P2435~乗鞍高原スキー場



b0039898_8491235.jpg


一日目
b0039898_14515276.jpg
b0039898_1452560.jpg
b0039898_14524032.jpg
b0039898_1453479.jpg
b0039898_14532493.jpg

位ヶ原山荘の前で私です。

b0039898_14533414.jpg


二日目
二日目、始めはスノーシューで登り、途中からはアイゼンに、はき替えて登りました。
初日は穏やかな陽気でしたが、二日目は風がありました。
高度をあげるにつれ風は強くなり、時々耐風姿勢をとっていないと、体が持っていかれそうでした。

b0039898_15344153.jpg
b0039898_1535266.jpg
b0039898_15343988.jpg
b0039898_15352744.jpg

b0039898_15404476.jpg

b0039898_15415331.jpg
b0039898_15414068.jpg

b0039898_15424094.jpg
b0039898_15422712.jpg
b0039898_15431615.jpg

一等三角点、上の方だけ見えていました。

全員無事に下山できました。
積雪の乗鞍岳に、登ることができて嬉しかったです。
リーダーさん、サブリーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、有難うございました。


b0039898_1543079.jpg

下山後、立ち寄った温泉です。
いいお湯でした。

b0039898_15434549.jpg

温泉の前から、お別れに乗鞍岳を観ました。
お風呂にも入ってホッとして、あらためて登頂できたことに感謝と感動でした。

デジカメの液晶に横線が入るようになりました。残念なことに、やっぱり故障のようです。
でも、まだ使える。使いたい。

b0039898_16275731.jpg

夫へのおみやげです。
いつもお山へ行かせてくれて、有難うございます。
重たいのでいつも少量サイズしか買ってこれません。

by akagera_hitomi | 2013-03-25 22:22 | 北アルプス

木曽御嶽山 

9月上旬
木曽御嶽山(3067m)へ行って来ました。こんどは快晴のもとを歩けました。

b0039898_22525992.jpg
b0039898_22532529.jpg
b0039898_22533572.jpg
b0039898_22534723.jpg
b0039898_22535834.jpg
b0039898_2254915.jpg
b0039898_22542317.jpg
b0039898_22543279.jpg
b0039898_22545640.jpg


リーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

by akagera_hitomi | 2010-09-04 20:30 | 中央アルプス

2日目はジャンダルム

編集中

2日目は奥穂高岳まで縦走します。
私のハートはもちろん、YESです。

b0039898_13411633.jpg
b0039898_13413082.jpg
b0039898_13414733.jpg
b0039898_13415815.jpg
b0039898_13421136.jpg
b0039898_13422445.jpg
b0039898_13423640.jpg
b0039898_13424765.jpg
b0039898_13425847.jpg
b0039898_13431239.jpg
b0039898_1343276.jpg
b0039898_13433817.jpg
b0039898_1344151.jpg
b0039898_1344149.jpg
b0039898_13442465.jpg
b0039898_1344353.jpg
b0039898_13444565.jpg
b0039898_13452417.jpg
b0039898_13454990.jpg
b0039898_1346463.jpg
b0039898_13462728.jpg
b0039898_13481756.jpg
b0039898_13482710.jpg


by akagera_hitomi | 2009-09-23 20:20 | 北アルプス

南岳~北穂

9月上旬
北アルプスを、初めて独りでテント泊してきました。
全然知らない山域は、独りでは心細くて到底歩ける自信がないのですが、
今回のコースは前に部分的に歩いたことがあるので、大丈夫。
晴れマークの並んだタイミングを見て、決行です。


1日目  上高地BS~明神館~徳澤園~横尾山荘テント泊
2日目  横尾~槍沢ロッジ~ババ平~分岐~天狗原~南岳~南岳小屋テント泊
3日目  南岳小屋~長谷川ピーク~北穂~涸沢~横尾山荘テント泊
4日目  横尾~徳澤園~明神館~上高地BS


1日目
b0039898_23195275.jpg


b0039898_2332497.jpg

バスで上高地へ着いたのが、11時過ぎ。まずは、食堂でカツどんを注文。力をつけます。
お土産やさんでポストカードを買い、いつも気持ちよくお山へ行かせてくれる夫の隆ちゃんへ、
ラブレターを書いて投函し、木漏れ日の道をトコトコと歩き始めました。

b0039898_11533156.jpg

b0039898_2331231.jpg

コース途中から明神岳。

b0039898_23314152.jpg

今日は横尾山荘までなので、ゆっくりです。

私が健脚なら、今日中に槍沢ロッジまで行って泊まりたかった。
そうすれば、2日目は槍ヶ岳へも登れたんじゃないかと思う。

b0039898_2332303.jpg

横尾山荘のテント場の様子。
水道とトイレの近いところが空いていたので、そこに張りました。こんな所なら私でも安心して泊まれます。
使用料は500円。お水は豊富です。

by akagera_hitomi | 2009-09-08 20:30 | 北アルプス

南岳~北穂 2日目

b0039898_12513494.jpg

2日目は横尾から出発です。吊り橋を渡らずに槍沢へ向かいます。

b0039898_1252255.jpg

沢沿いを歩きます。
沢の水が透きとおって、あまりにも綺麗だったので、暫く見てました。
手を入れたり、顔を洗ったり、とても冷たい。
b0039898_1255460.jpg


b0039898_1304726.jpg
b0039898_1311295.jpg
b0039898_1312858.jpg
b0039898_1314123.jpg
b0039898_132918.jpg
b0039898_1322770.jpg


b0039898_134011.jpg

ババ平からの眺め。
ここで朝のコーヒーを飲みました。

b0039898_1343582.jpg

高度をあげていくと、木陰がなくなり、暑くてなってきました。

b0039898_1355995.jpg


b0039898_1362652.jpg

分岐からガレ場をトラバースしていて、振り返ると、槍の先が見えていました。
b0039898_1665474.jpg


b0039898_131127100.jpg

     天狗池
b0039898_13134557.jpg


b0039898_13141478.jpg


b0039898_13145380.jpg

ガスが湧いてきて、北穂の方角が見えなくなってきました。
早く、稜線にあがりたいです。

b0039898_13153428.jpg

登ってきた道を振り返ります。

b0039898_13172292.jpg

やっと稜線。ガスが湧いていて、雄大な景色は見えなくなりました。
この登り、思っていた以上に、しんどかった。

b0039898_1335160.jpg


南岳の頂上を経て、ヨロヨロと小屋に着いたのが、15:00。
小屋で水を買ってから、テントを設営。稜線の上なのに、風もなく穏やかです。
ここのテント場には、風避けの石が詰まれているので、強風が吹いても大丈夫そうです。
テントの使用料は500円。

疲れていたので、テントの中でゴロゴロしていたら、眠ってしまいました。
はっと目がさめて、テントから顔を出すと、もう陽が落ちていて、空の色が変わっていました。
日が沈むところを見逃してしまった。
b0039898_13185679.jpg
b0039898_13191298.jpg

月灯りが煌々としていましたが、星もいっぱい瞬いていました。

by akagera_hitomi | 2009-09-08 20:25 | 北アルプス

キタダケソウを観に

6月下旬

b0039898_14335823.jpg

北岳へ行って来ました。
以前から遇いたかったキタダケソウです。
梅雨時の北岳にのみに咲く特別なお花は、私にとってはまさに高嶺の花でした。
観ることは叶わないような気がしていたんですが。ラッキーでした。有難うございました。

1日目
b0039898_14362224.jpg

今日登る雪渓が見えています。胸が高鳴ります。
b0039898_14363487.jpg
雪解け水も加わり、滔滔と流れる清らかな水。あたりの空気が違う。
眺めていると、余計なものを溜め込んでしまった心の中が、デトックスされるような気さえしてきます。ナンチャッテ。

b0039898_14494055.jpg

雪渓の手前から撮りました。
今日は12本爪アイゼンで登ります。

b0039898_14395054.jpg

途中で何度も休憩をしました。
登ってきたところを、振り返ります。
ここから、あと少し登れば雪渓が終わり、今度はハシゴの連続です。

b0039898_14402096.jpg

アイゼンを外してから、コルへたどりつくまでの間、写真が一枚もありません。
あまりのきつさに、撮る余裕がありませんでした。

コルまで上がると、間ノ岳が近くに見えてます。

b0039898_14425691.jpg

キタダケソウのお花畑に着きました。
咲いていて良かったです。初めて遇うキタダケソウです。


b0039898_14551594.jpg
b0039898_1455272.jpg
b0039898_14553953.jpg


お花畑の斜面から、北岳山荘へのトラバース道があるのですが、危険箇所があるらしく通行止め。
少し戻って、吊り尾根分岐まで上がります。

b0039898_1450312.jpg

まだ、ハシゴがあったのね。

b0039898_1545480.jpg

稜線を歩いていくと、今日のゴールである北岳山荘が見えてきました。

b0039898_1441834.jpg
北岳山荘のテン場



ここから二日目
b0039898_161851.jpg

北岳を目指します。

b0039898_16183383.jpg
b0039898_16185420.jpg
b0039898_16191153.jpg
b0039898_16192462.jpg
b0039898_16194460.jpg

眺望を充分に楽しんで、下りていきます。


b0039898_16201287.jpg

ここより、もっと下っていくと、富士山が見えなくなる。富士山にお別れをします。
今度はいつ会えますか?

b0039898_1620518.jpg
b0039898_1621411.jpg
b0039898_16211769.jpg
b0039898_16224149.jpg
b0039898_16214232.jpg

サクラが咲いていて、驚きました。
わーい。お花見だぁーい。

b0039898_1623160.jpg
b0039898_2110339.jpg

森の中には大木が何本も。樹齢は何年になるのでしょう。
この木も、零れ落ちた小さな種が芽を出し、ここまで大きくなったんですよね。
小さい種の、大きくなる可能性。不思議なエネルギー。すごいなぁ。

今日も至福の山登りでした。
リーダーさん、皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

More

by akagera_hitomi | 2009-06-27 20:30 | 南アルプス

槍ヶ岳~南岳

9月中旬
何年か前、初めて穂高へ訪れた際に、遠くに見えていた尖がったお山、槍ヶ岳。
いつか登ってみたいと願っていました。

1日目 上高地~槍沢ロッジ~槍沢コース~ヒュッテ大槍(泊)
2日目 ヒュッテ大槍~槍ヶ岳頂上(3180m)~大喰岳(3101m)~中岳(3084m)~
     南岳(3033m)~南岳小屋(泊)
3日目 南岳小屋~横尾尾根分岐~天狗原氷河公園~天狗原分岐~槍沢コース~
     槍沢ロッジ~上高地


1日目、ワクワクうきうき気分で、河童橋に着いて、穂高連峰の写真を撮ろうとデジカメの電源を入れようとしたら、電池が入っていないことに気づきました。
どうやら、電池を忘れてきたようです。ショック。

折角の山行に写真はなしか…あっ、携帯のカメラで写せばいい…ということで、今回のお山は小さな写真ばかりとなりました。

1日目は天気がよくなかったのですが、2日目はいい天気。
ヒュッテ大槍から、東鎌尾根を辿って、槍ヶ岳山荘へ。ザックをデポして、頂上を目指しました。
鎖や梯子が整備されているので、慎重に登れば大丈夫。梯子を触ると冷たいです。
頂上は狭く、三角点はあるけど、標識がありません。祠が祭ってありました。
下りてから知ったのですが、この祠は雷の被害を防ぐために、釘が使われていないそうです。
ガスが湧いてきてたので、ブロッケン現象を見ることが出来ました。


b0039898_1028374.jpg
       長年、風雪に耐えている三角点。
b0039898_1063018.jpg
       下山用の梯子 

b0039898_21113118.jpg

登頂を済ませて、稜線から振り返って見た槍です。
槍ヶ岳は眺める方角によっては、ちょっと傾いで見えるのね。
槍ヶ岳山荘の赤い屋根も見えてました。
b0039898_21115896.jpg
      大喰岳頂上からも槍の三角形が見えてます。
b0039898_21122367.jpg
      中岳頂上からも三角形が見えてます。だんだん小さくなっていく。
b0039898_21125294.jpg
      南岳 後に見えるは常念岳。
b0039898_21131563.jpg
      南岳から来た道を振り返ります。
b0039898_21143070.jpg

今夜は中秋の名月です。
輝く月をこの高嶺から眺めることが出来るのって、心の贅沢ですよね。
でも寒くて長い間、見ていることが出来ません。

3日目
b0039898_21452866.jpg
      南岳小屋を出発し、振り返って穂高の写真を撮りました。
小屋の赤い屋根が見えています。あの小屋にまた泊まりたいと思いました。
次回はあのキレットを越えたいです。

小屋を出発して横尾尾根の分岐までの稜線歩きの間、素晴らしい眺望に感動しました。
至福の時間です。

b0039898_21154644.jpg

   天狗原のコル付近からの槍ヶ岳

b0039898_22213773.jpg
         オヤマリンドウ

横尾尾根分岐から、天狗原方面へ。
氷河によって運ばれた岩石が堆石したできたU字型の地形を、モレーンって言うらしいんだけど、それを見下ろしながら下りていきます。
急斜面を下りきると、モレーンを横切るように歩いていきます。
このあたりが氷河公園なのか。
足元は大きな石がゴロゴロ、浮いている石もあって、時々カタカタと音がします。
やがて氷河池に着きました。
池には槍の穂先が逆さまに映っています。素敵!写真がないのが、残念です。

氷河池をあとにして下りていくと、一昨日歩いた槍沢にでました。
時々、槍の方角を振り返っては、名残を惜しみます。
槍沢ロッジあたりからは、緩やかな道になります。
槍沢ロッジ~横尾山荘~徳沢園~上高地まで、水平距離で14kmほどかしら。
3日歩いた疲れもあってか、この距離が何だか長く感じました。

以前から気になる存在だった槍ヶ岳に、登ることが出来て嬉しかったです。
それにとっても楽しかった。
企画して、案内して下さったリーダーさん、ご一緒してくださった皆さん、お世話になりまして、有難うございました。

後日、リーダーのMさんから写真を分けてもらいました。
ブログに載せさせてもらうことも快諾頂きました。
下の写真3枚は、Mさんの撮影のものです。Mさん、有難うございました。
b0039898_15424082.jpg
b0039898_15413157.jpg

b0039898_1135855.jpg


by akagera_hitomi | 2008-09-16 21:05 | 北アルプス

白峰三山縦走

8月上旬
b0039898_10194757.jpg
                             広河原付近からの北岳


南アルプスの北岳(3193m)、間ノ岳(3189m)、濃鳥岳(3051m)、三つのお山を称して、白峰三山と言われています。
3000m級の頂きをつなぐこの稜線は、私にとってはゴールデンコース。
その白峰三山を縦走してきました。とってもとっても良かったです。

遙か彼方まで見渡せる頂きに立って湧いてくる思いは、夫の隆ちゃん、いつもお山へ行かせてくれて有難う。
リーダーさん、ご一緒してくださった皆さんも有難う。
皆さんが居てくれるから、私は登ることが出来るのであって、独りでは到底歩きとおすことは出来ません。
まずまずのお天気の中を、歩けたこともラッキーでした。
健康にも恵まれて、標高差1600mを登ることのできた私の体にも有難う。
(実際は1日目は北岳の肩の小屋までしか登っていないので、標高差は1495mなんですけど。)

2泊3日の行程
1日目 広河原→大樺沢コース→二俣→右俣コース→肩の小屋
2日目 肩の小屋→北岳→北岳山荘→中白根山→間ノ岳→濃鳥小屋→西濃鳥岳→
     濃鳥岳→大門沢下降点→大門沢小屋
3日目 大門沢小屋→奈良田第一発電所の登山口


1日目
b0039898_1028333.jpg
大樺沢二俣付近の雪渓です。雪渓は見ただけで、右俣コースを登りました。

下の写真はTちゃん撮影。載せさせてもらいました。Tちゃん有難う。
b0039898_850177.jpg



b0039898_10292172.jpg
ここでゆっくり休憩。
今回、私はザックの軽量化をはかり、ガスカートリッジを持って行かなかったので、お昼ごはんは簡単すぎてさびしかったのですが、Hちゃんが温かいラーメンを分けてくれました。
登りがきついのは皆同じで、荷物をわずかでも軽くしたいはずなのに、ガスカートリッジ一式とラーメンを持って上がって、
仲間にご馳走してくれるHちゃんは、なんて優しい娘なんでしょう。
Hちゃん、美味しかったです。有難う。私はHちゃんを見習いたいです。

b0039898_1029553.jpg

b0039898_10294569.jpg
ダケカンバの林の中、マルバダケブキがいっぱい咲いていました。

b0039898_10275338.jpg
北岳肩の小屋に着いたのは13時過ぎ。
雷鳴と雹も混ざっているような大粒の雨が降り始めた中、駆け込むような到着でした。
雨があがった夕方、小屋の付近を散策しました。
夜になると、満天の星空となり、久しぶりに天の川を見ました。


ここから2日目

b0039898_16381289.jpg
太陽が鳳凰三山方面から見えてきました。
今日も元気に歩けますようにとお祈りします。
ここ肩の小屋から富士山、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、遠くの山並みが見えていました。
b0039898_16385473.jpg
肩の小屋を出発して、ほどなく、北岳の頂上が見えてきました。この辺りでオコジョに遭いました。オコジョの可愛らしさに登りの息苦しさも忘れます。
b0039898_16392131.jpg
富士山についで高い山、北岳の山頂標識です。
爽やかな空気の中、素晴らしい眺望に感動します。
目にとまった「いつまでも美しく清らかに」の文字に、何だか胸が熱くなります。
b0039898_16395140.jpg
仙丈ヶ岳が目の前に見えています。
b0039898_16402650.jpg
中白根山へ向けて歩いていきます。
今日歩くであろう稜線が遠くまで続いています。
赤い屋根は北岳山荘。
北岳山荘で休憩していると、人に慣れているかのようなイワヒバリがいました。

下の写真はMさん撮影のイワヒバリ 載せさせてもらいました。Mさん有難う。

b0039898_8533739.jpg


b0039898_16452424.jpg
b0039898_1641786.jpg
中白根山へ向いながら、北岳を振り返ります。左奥は甲斐駒ヶ岳だと思う。
b0039898_16481890.jpg
中白根山
b0039898_1641379.jpg
間ノ岳
b0039898_1646927.jpg
間ノ岳と西濃鳥岳の間に濃鳥小屋があるのですが。
ここでリーダーは先に進むか、今夜はここに泊まるかの決断をします。
その時の時刻は11時前。
雲が湧いてきてたので、雷の心配があるのです。
昨日は思っていたよりも早い時間に雷鳴を聞きました。
メンバーも低山歩きのようには、ピッチがあがりませんし。
ここから大門沢下降点までの約2時間10分の稜線歩きの間、雷に遭うことはないだろうか…と考えている様子。
仲間の体調にも心を配っておられるようです。
頼もしいリーダーは先に進むことに決めました。グイグイと皆を引っ張っていきます。
b0039898_16512449.jpg
b0039898_16542443.jpg
b0039898_16545865.jpg
大門沢下降点  雷鳴を聞くこともなく、ガスにまかれることもなく、ここまで来れました。
ここからは沢へ下りていきます。大門沢小屋までの3時間はけっこうな急斜面でした。
コースは岩稜帯から、ハイマツ帯へ、樹林帯へと変化していきます。
途中で雨に降られましたが、皆無事に大門沢小屋に到着しました。
今日一日で、大きなピークを3つ越えて、小屋まで下りてきました。充実感に浸りました。

3日目

b0039898_932088.jpg

3日目はもう下りるだけです。
沢沿いの森の中を、聞こえてくる鳥の声に耳を澄ませながら、3時間ほどのコースです。
沢にかかる橋は、手すりはなく、丸太を組み合わせたような橋で、滑らないよう、バランスを崩さないように、皆慎重に渡りました。
幾つかの橋を渡り、どんどん高度を下げて、建設中のダムの前の立派なつり橋を最後に、舗装道路に出ました。

怪我もなく下りてこれて、ホッとした気持ちにもなるのですが、登山の終わりはいつも寂しい。
こんな気持ちが、またお山へ足を向わせるのでしょうか。

b0039898_9322651.jpg


by akagera_hitomi | 2008-08-13 10:22 | 南アルプス

赤石岳~荒川三山

8月中旬
南アルプスに行って来ました。
晴天の下、3000m級の山を歩けたこと、とても嬉しいです。私は幸せものだなぁ~。
リーダーのMさん、Moguさん、有難うございました。                                     
b0039898_923842.jpg
b0039898_830417.jpg

上の写真2枚は、Moguさん撮影です。載せさせてもらいました。有難うございます。
上 赤石岳山頂を踏んで、小赤石岳へ
下 荒川三山の縦走路

1日目 さわらじま~大倉尾根~赤石小屋泊
2日目 赤石小屋~赤石岳(3120m)~小赤石岳(3081m)~大聖寺平~荒川小屋泊
3日目 荒川小屋~前岳(3068m)~中岳(3083m)~東岳(悪沢岳)(3141m)~
     千枚岳(2880m)~マンノー沢ノ頭~二軒小屋泊
b0039898_950837.jpg
タカネビランジ
b0039898_9493484.jpg
チシマギキョウ
b0039898_9502942.jpg
b0039898_9504587.jpg
b0039898_951078.jpg
タカネマツムシソウ

                                           

More

by akagera_hitomi | 2007-08-21 09:01 | 南アルプス