。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


キャンプや山歩きを楽しんでいます。
by akagera_hitomi

白馬岳~雪倉岳~朝日岳

7月下旬
広大なお花畑を見てきました。

1日目 蓮華温泉~白馬大池~小蓮華山~白馬岳(2932m)~白馬頂上宿舎に泊まる
2日目 宿舎~白馬岳~三国境~雪倉岳(2611m)~水平道~朝日岳小屋に泊まる
3日目 朝日小屋~朝日岳(2418m)~花園三角点~白高地~兵馬の平~蓮華温泉

b0039898_102786.jpg

高山植物の女王といわれるコマクサを初めてみました。
繊細で凝った造りをしています。
本によればコマクサの色を和の色で言うと、花の先の方は「赤紫」、反り返った花弁は「石竹色」、葉は「千草色」とか。
白っぽい砂礫地にいっぱい咲いていました。

b0039898_10144280.jpg
チングルマ

b0039898_10182477.jpg

そら色の花びら タテヤマリンドウ


b0039898_1061955.jpg

明日はあの稜線を歩きます。


b0039898_1063699.jpg

歩いて来た小蓮華山を振り返ります。この辺でもうかなり疲れていました。


b0039898_2111595.jpg

ライチョウの親子に遇いました。
ライチョウのお母さん優しい目。
5羽のヒナが思い思いの方へ散らばって歩いているのを、目で追って守っていました。
ヒナたちが皆、無事に成長しますように。

b0039898_107122.jpg

夕陽に照らされる白馬岳。
山頂に近い方が白馬山荘。
手前に見えるのが白馬頂上宿舎。
テン場の色とりどりのテントを見るのが好きです。
みんなお疲れ様。よく歩きましたね。日本海に陽が沈みます。

b0039898_108925.jpg

ウルップソウ



ここから2日目です
雲が厚く白馬岳からの日の出は見ることが出来ませんでした。
三国境から雪倉岳へ向います。
その日は強風と霧。お花たちは千切れそう。
高山植物とはこんなに過酷な環境の中で生きているんですね。
吹き飛ばされそうになりながら、雪倉岳山頂へ。
展望はないです。
下っていると雨が降り始めました。

b0039898_943168.jpg

サンカヨウ
水平道の木道脇に咲いていました。
昨日歩いた天狗の庭で見たサンカヨウはもう青い実になっていたのに、
ここではまだ咲いていました。
ザックに仕舞ったデジカメを取り出して撮影。

b0039898_9482211.jpg

キヌガザソウ


アップダウンのある水平道、濡れた木道を滑らないように気をつけて歩きました。
やがて朝日小屋に到着。


ここからは3日目
b0039898_9254399.jpg


朝日岳山頂は霧の中で展望はなし。
歩いているうちに、少しずつ霧がはれてきました。
視界が広がると、そこはコバイケイソウの真ん中でした。

b0039898_1092022.jpg

ミネウスユキソウ

b0039898_1094816.jpg

リュウキンカ  
漢字で書くと「立金花」。
何だかお花がピカピカの金貨に見えてきます。

b0039898_10104048.jpg

ハクサンコザクラ 斜面いっぱいに咲いていました。

b0039898_1010948.jpg

シロウマアサツキ

b0039898_10193127.jpg

ウサギギク


b0039898_1015981.jpg

アズマギク


b0039898_10154832.jpg

花園三角点付近。

下りて来た道を振り返って見ます。
まだまだ蓮華温泉までのコースは長いのですが、朝日岳お名残惜しいです。
この後、渡渉したあたりからまた雨に降られました。

お陰様で、憧れの山域を無事に歩くことが出来ました。
とっても楽しかったです。
お花が多いコースとは聞いていましたが、あれほど沢山咲いているとは思っていませんでした。
リーダーさん、ご一緒したAさん、お世話になりまして、有難うございました。
お花の名前をたくさん教えてくださって有難うございました。





夫の隆ちゃんへのおみやげです。大雪渓という名の地酒。
b0039898_13453513.jpg


by akagera_hitomi | 2007-08-02 10:03 | 北アルプス
<< 比良へ あるお山の中で >>