。・* 木もれ陽*日記 ゜。.:*・。.随(まにま)に


キャンプや山歩きを楽しんでいます。
by akagera_hitomi

大芦生杉を見に

5月中旬
芦生へ杉の巨木を見に行って来ました。

須後→赤崎中尾根→大芦生杉の群落→P832→分岐→芦生古道→灰野→須後

歩き始めはトロッコのレールの敷かれた平坦な道をいきます。
b0039898_23493520.jpg


一時間ほど歩くと、赤崎中尾根の取り付きに着きます。そこから急な尾根を登ります。
斜度がゆるくなったあたりから大きな芦生杉が次から次へと現れます。
この辺りだったかな。アオバトの声が聞こえてきたのは。
アオバトの声、好きです。
b0039898_2354675.jpg
b0039898_8582566.jpg

写っているのは私なのですが、杉に寄りかかっているのではありません。
立ち位置からそのように見えるかもしれませんが。
これはTちゃんが写してくれました。有難う。
b0039898_1113287.jpg
人が一緒に写っていないと、どれくらい大きいのか分からないと思うけど、かなり大きいです。
b0039898_2355779.jpg
この辺りは登山者が多かったです。みんな大きな杉を見たいんだね。
b0039898_2356246.jpg

話しには聞いていたけど、想像していたより、ずうーっと大きくて圧倒されます。
確かなことは分かりませんが、一説によると樹齢は二千年だとか。
二千年も生きている生命って凄い。
幹周りがいったいどのくらいあるのか分からない。初めはやっぱり種だったのかな?
この森は巨樹がいくつも存在しているから、悠久の時間のなか、同じように長生きしている杉が近いところに居て、孤独ではなかったんだろうね。
大芦生杉、感動を有難う。どうぞよい環境でお過ごしください。

巨樹の森からなだらかな登山道を西へ向かい、P832を通過して、分岐を経て、灰野方面へ下りました。
芦生古道という名の荒れた激下りコースを下りていきます。怪我をせぬように慎重に下りました。
リーダーさん、ご一緒した皆さん、お世話になりまして有難うございました。

b0039898_18124951.jpg

この樹、目があるみたいにみえて。写真を見る度に目が合ってしまう。

by akagera_hitomi | 2008-05-22 01:03 | 京都府の山
<< ねこちゃんたち 天狗岳の東峰 >>